猫を飼うなら気をつけよう。起こりやすい家庭内事故

猫の事故

家の中だけで飼っているから、うちの子は事故になんてあわないよねと安心していませんか?事故とは、家の外だけで起こるものではありません。

どんな場所で事故が起こりやすいのか確認し、防止に努めましょう。

1.お風呂場

風呂

防災のために、浴槽に水を貯めていませんか。それはとてもいいことなのですが、猫を飼っているのなら気をつけなくてはいけません。

猫は好奇心が旺盛で、普段入れない場所に行きたがります。いつもと違う水場や温かい浴槽が好きな子も多いのです。

そのせいか、お風呂場に行き、浴槽に落ちて溺れてしまう事故がたくさん報告されています。浴槽に蓋をしているからといって、安心はできません。

飛び乗った拍子に蓋が外れて落下してしまうこともあります。

浴槽に水を貯めておくのならば、必ず猫がお風呂場に入れないよう、扉を閉めることを徹底してください。

2.ビニール紐

猫とビニール

猫は、シャカシャカ鳴ってくねるビニール紐が大好き。じゃらす遊び道具としては優秀なのですが、使い終わったビニール紐を放置したりしていませんか?

じつは紐状のものは、とても誤飲されやすいという特徴があります。

包装に使われていた紐なども放置せずに、猫の目につく前に処分してください。もしも紐状のものを誤飲してしまったときは、口から先が出ていても、無理に引っぱってはいけません。

胃や食道まで入ってしまっていた場合、臓器を傷つけてしまう可能性があるので、急いで獣医の診察を受けましょう。

3.電気コード

コード

上でも書きましたが、猫は紐状のものが大好きです。そのせいで、電気コードにじゃれつき、かじって感電してしまうことがあります。

電気コードは家具などの裏に隠すように配置し、どうしても外に出てしまうコードには、噛んでも安全なカバーをつけるようにしましょう。

4.暖房器具

コタツ猫

猫は暖かい場所が好きです。そのため、冬になるとストーブの前やコタツに入りびたる子も珍しくありません。

けれど、ときに近づきすぎてヤケドしてしまうことがあります。

ストーブは危険の少ないファンヒーター等にして、吹き出し口にはガードをつける。コタツの温度は低めにするなど配慮してあげてください。

暖房器具を使っているときは、なるべく目を離さないことも大切です。

5.夏場の室内

室内猫

近年では、温暖化のせいなのか猛暑日が続くことも珍しくなくなってきました。そのせいか、猫が熱中症になってしまったという報告が目立ちます。

砂漠が発祥とされている猫ですが、じつは日本のような湿度の高い暑さは得意ではありません。

夏になったら、きちんと暑さ対策を行ってください。外出するからといって、締め切った部屋に猫を残していっては危険です。

クーラーをつけたり、ペット用の冷却板を用意したり、猫が涼めるよう気を配ってあげましょう。


いかがでしたか。上にあげた事故は実際に起こっているものです。事前に危険を減らして、猫を守ってあげましょう。

コメントは受け付けていません。