猫には寝床やベッドが必要なのか

寝ている猫

スヤスヤ気持ちよさそうに寝ている猫は眺めているだけで癒されますよね。でも、よく見ると寝ているのはフローリングの床だったりします。

猫を飼うなら、寝床は用意すべきなのでしょうか?

猫の名前の由来はよく寝るから

猫は一日に14時間も寝ているといわれています。

睡眠中

猫の語源は「寝子」であるという説があるくらいです。それだけ寝ている時間が多いのですから、飼い主としてはしっかり寝られる寝床を確保してあげたいと思いますよね。

しかし、猫は好みにうるさく、ほとんどの場合人間が思ったようには動いてくれません。

高価な猫ベッドを買い与えても、それが入っていたダンボールのほうを好む、なんて話をよく耳にするくらいです。

とはいえ、猫に寝床を用意してあげるのは悪いことではありません。落ち着く寝床を確保して、質の高い睡眠を取っていれば、健康の維持にもなります。

では、どのような寝床を用意すれば猫に気に入ってもらえるのでしょうか。

寝床の場所

ベット下の猫

猫は一日のうちの3分の2も寝て過ごしていますが、いつも同じ場所で寝ているわけではありません。

猫は快適な場所を探す名人で、そのときの気候や気分によって、寝る場所を変えています。

猫ベッドを設置するなら、猫の行動をよく観察して、猫が好みやすそうな場所にするといいでしょう。狭い場所、暗い場所、高い場所が好きな子が多いです。

夏なら涼しい日陰や風通しがいい場所、冬なら暖かい日差しが入る場所など、季節によっても変えると使ってくれる確率ががります。

一日の内に何度も移動するので、寝床は各部屋に1個以上確保しておくといいでしょう。

寝床の素材や形

猫によって好みはバラバラなので、これなら確実に寝てくれるという素材はありません。しかし、一般的にはやわらかい素材のものが好まれます。

清潔なものが好きなので、掃除がしやすいもののほうがいいでしょう。枕になるような段差があると喜びます。

段ボール猫

猫は暗く狭い場所が好きなので、ドーム状のものやちぐら状のものが人気です。

また、余裕があり広々としたものよりも、身体にぴったりフィットしたギリギリの大きさのもののほうが好まれる傾向にあります。

高級な素材なら好かれるというものではありませんが、化学繊維や接着剤などのにおいが強いものは嫌がります。

肌ざわりも大切ですが、購入するときはにおいまでチェックしましょう。

ほとんどの猫はダンボールや箱を好みます。身体にフィットする小さなダンボールや箱をいくつか用意すると、猫は喜びます。


いかがでしたか。このように、猫の寝床は飼い主にとってはなかなか悩みの種です。

使ってもらえたら儲けものくらいの感覚で用意するくらいがいいかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。