マンション住まいでも猫は飼えますか?

猫たち

とくに都会ではマンションやアパートに住んでいる人が多いですよね。それでも猫を飼いたいと願っている人は少なくありません。幸い、最近は猫を飼ってもOKなマンションが増えてきました。

近年では保護団体などと不動産屋が提携して、猫つきマンションまで売りに出されるようになりました。

スポンサードリンク



マンション飼いでも猫は幸せになれる

猫

たまに、完全室内飼いでは狭くて猫が可哀想という人がいます。しかし、家の外は危険がいっぱいなんです。

完全室内飼いの猫の平均寿命は16歳、外に出る猫の平均寿命は13歳と、なんと3年も寿命に差があるのです。

子供のうちから室内だけで育てていれば、そこがテリトリーとインプットされるので、外に出たがることもありません。

また、猫は犬のように散歩をする必要はなく、広い移動のかわりに、家具などを高低差のある配置にすれば、それを利用してたくさん運動してくれます。よって、マンションの中だけでも猫を飼うことは十分に可能なのです。

マンションで猫を飼うときの注意点

窓と猫

一軒家と違って、マンションは集合住宅です。猫を飼うなら、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

1.ベランダには出さないようにする

外の空気を吸わせたい、日向ぼっこさせてあげたいなどと、ベランダの外に猫を出してあげる人もいますが、それはとても危険です。

猫はジャンプ力があり、好奇心が旺盛なので、ときに予想もしない行動をすることがあります。

ベランダに出してしまうと、手すりをつたって隣の部屋に逃げてしまったり、落ちて怪我をしてしまうことがあるのです。

そのため、日向ぼっこはガラス越しにさせて、ベランダには出さないようにしましょう。

2.騒音対策

猫は人とくらべると身体が小さいですが、高い場所から飛び降りたりすれば、大きな音を出すことがあります。また、夢中になって走り回ると、大きな音がすることもあります。

とくに賃貸マンションの場合は、分譲とくらべても床が薄いので注意が必要です。

なるべく床などには騒音対策を施しましょう。遮音カーペットなどをひくのがおすすめです。

3.鳴き声

発情期が来ると、メス猫はもの凄い声で鳴くようになります。

繁殖させるつもりがなく、住んでいるのが防音性に優れたマンションでない場合は、できれば避妊・去勢手術を行うようにしましょう。

手術は、スプレー行為の抑制や、生殖器の病気の予防にもなります。

4.ブラッシングは室内で行う

生え変わりの季節などは、抜け毛がひどくなります。だからといって、ベランダや窓をあけてブラッシングを行わないでください。

抜け毛が外に飛び出し、周辺住民へ迷惑をかけてしまうことがあります。

5.におい対策

飼っていると慣れてしまいがちですが、猫のトイレのにおいはとても強いです。

悪臭を漂わせないためにも、こまめにトイレ掃除をするようにしましょう。

消臭効果のあるシステムトイレや、猫砂を使うのがおすすめです。スプレー癖がある猫なら、その対策もしなくてはいけません。

また、ベランダにあつめた排泄物や猫砂を置くと、トラブルの元となります。捨てるまできちんと室内で管理しましょう。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。