猫を飼うために必要なもの

子猫

猫を家で飼うには、さまざまなものが必要になります。中には猫が家にやってきた当日から必要となるものもあるため、きちんと漏らさず用意しておきましょう。

それでは、飼う前にそろえておいたほうがいいものをご紹介します。

フード用品

キャットフード

猫は環境の変化に弱い生き物です。そのため、やってきてからしばらくの間は、いままで食べていたものと同じ食事をあげます。

これまで何を食べてきたのか、ペットショップや譲渡先にきちんと確認しておきましょう。

総合栄養食と書かれたフードはそれだけで猫に必要な栄養素をすべて摂ることができるため、毎日の餌として与えてください。

一般食と書かれたフードは、栄養が足りないので、そればかりあげていると病気になってしまいます。おやつとしてあげるようにしましょう。

食器は猫が食べやすい、平皿がいいでしょう。ガラス、陶器、ステンレスなどのものは傷がつきにくく洗うのも楽なのでおすすめです。

寝床用品

猫ベッドやケージを用意しましょう。とはいえ、用意した猫ベッドを使ってくれるかどうかは猫しだいです。

猫によっては猫ベッドよりも床やソファの上で寝るのが好きという子もいます。

ケージは猫が病気になったり、隔離しなくてはならないときに必要になります。

トイレ用品

猫トイレと猫砂を用意してください。トイレ容器も猫砂もさまざまな種類があります。これも以前飼われていた環境に合わせてあげると、ストレスを減らしてあげられます。

前に使っていた猫砂を少しもらってきて、家の猫トイレに混ぜておくと、猫にここがトイレだとすぐ理解してもらえます。

キャリーバッグ

動物病院に行くときや、家に連れて帰るときなどに必要となります。

布やプラスチック、ナイロンなどいろんな素材のものがあり、形もキャリーケース型やリュック型、トートバック型とさまざまです。

安全で持ち運びしやすいものを選びましょう。

子猫から飼い始めてもすぐに大きくなるので、成猫でも運べるものを購入してください。

爪とぎ

爪とぎ

猫は毎日爪をとぐ習性があります。

きちんと爪とぎを用意しないと、カーテンや壁で爪とぎする習性がついてしまうことがあるため、猫を受け入れる前にきちんと用意しましょう。

素材は、ダンボール、木、麻布、絨毯などがあります。どれを気に入るかわからないので、何個か用意しておくといいでしょう。

ケア用品

ブラシやコーム、爪切りは必ず必要です。

短毛種ならラバーブラシや獣毛ブラシやコーム、長毛種ならピンブラシやコームなどがおすすめです。

首輪、リード、ハーネス、迷子札

室内飼いをしていても、なにかの拍子に猫が脱走してしまうことがあります。

そのため、首輪と迷子札はきちんとつけておいたほうがいいでしょう。

ハーネスやリードは、動物病院に連れて行くときに脱走防止に役立ちます。災害など緊急時のときも必要となるので、きちんと用意しておきましょう。

おもちゃ

猫のおもちゃ

猫は遊ぶことが大好きです。一緒に遊んであげると、こちらに心を開いてくれやすくなります。

猫のおもちゃにはさまざまな種類があります。猫によって好みがありますから、はじめはいくつか試してみるといいでしょう。

お金をかけなくても、ただの紐やチラシを丸めたものなどでも、猫は遊んでくれます。

コメントは受け付けていません。