猫を外飼いにするときにすべきこと

外猫

最近では室内飼いすることが当たり前になったきましたが、事情によっては、外飼いしたいという人もいるでしょう。

では、外飼いするならどんなことに気をつければいいのでしょうか。

スポンサードリンク



まずは外で飼える環境か考える

外猫

家の中だけじゃ可哀想と思うかもしれませんが、室内飼いの猫よりも外飼いの猫のほうがずっと寿命が短いとされています。というもの、外界には危険がいっぱいだからです。

交通事故や感染症などによって命を落とすリスクがあることを忘れてはいけません。

現在、都市部で猫を外飼いをしている人はほとんどいません。人口が密集している地域では車の数が多いため事故にあうリスクが高く、隣家に迷惑をかける可能性が高いからです。

うちの猫は大丈夫と思っていても、他人の花壇を荒らしたり、あちこちにマーキングしてご近所トラブルを引き起こすことがあります。

逆に、家々が離れて建っていて、交通量が少なく、猫が外でのびのび暮らせる環境なら、外飼いは可能です。まずは、あなたの住んでいる場所は外飼いできる環境なのか考えてみましょう。

安全首輪をつける

外猫

外飼いの猫は、野良猫として駆除されえてしまうことがあるため、必ず首輪をつけましょう。

保護されたときのためにも、首輪に迷子札もつけてください。名前と電話番号を書いておくといいでしょう。

マイクロチップを身体に埋め込むという方法もありますが、見ただけで飼い猫とはわからない、チップを読み取る機械が普及していない地域があるなどのデメリットがあります。

また、猫は狭い場所や高い場所が大好きです。首輪をどこかにひっかっけてしまい、首吊り事故が起こってしまうことがあります。

そういった事故をなくすためにも、強い力を加えるとすぐに外れる仕組みになっている安全首輪を選ぶようにしましょう。

避妊&去勢手術を行う

外猫

猫は年に数回発情期があり、一回に3~5匹も出産します。そのため、ふと気づいたら一年で大繁殖していたということもありえるのです。

また、性行為のときに危険な感染症をもらってしまうケースも少なくありません。

生まれてくる子猫すべてに責任が持てないのならば、きちんと避妊&去勢手術を行いましょう。

オス猫の場合は去勢手術をすると闘争本能が衰えるので、喧嘩による怪我や感染症を防ぐこともできます。

毎年、動物病院に通う

猫

外にいる猫の中には危険な感染症にかかっている子も少なくありません。どこでどんな猫と接触するかわからないのですから、予防接種は毎年きちんと行いましょう。

ワクチンにはさまざまな種類があります。獣医に外飼いであることを伝え、もっとも適したワクチンを打ってもらってください。

外飼いの場合、フィラリアやノミ、ダニに感染する可能性もぐんと高くなります。

予防薬を処方してもらい、日頃のチェックも欠かさず行いましょう。


いかがでしたか。このように猫を外飼いにするなら、しなければならないことが多々あります。

環境が整っていても、猫にかける時間や費用がないのであれば、室内飼いにしたほうがいいでしょう。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。