いろんな種類があるけれど、猫砂はどれを選んだらいいの? 

猫の砂

猫を飼うために、ペットショップに行って、猫砂の種類の多さに驚いたという話をよく耳にします。

犬のトイレに使うペットシーツはそれほど見た目に差がありませんが、猫砂は原料から違っていますよね。

そこで今回は、猫砂の種類別の特長についてご説明します。

スポンサードリンク



鉱物系

ゼオライト、ベントライトなどからできていて、見た目は普通の砂に近いです。

砂

吸水性にすぐれ、しっかり固まるので掃除が楽にできます。臭いも封じ込めてくれるので安心です。

重いので飛び散りも少ないのですが、その反面持ち運びに力が必要となります。

トイレには流せないので、可燃ごみに出さなくてはいけません。砂に近いので、猫ちゃんが違和感なく使ってくれることが多いようです。

シリカゲル系

シリカゲルなので、強力な脱臭効果と抗菌効果があります。

シリカゲル

システムトイレに使われることが多く、粒の形はさまざまです。

普通のトイレは毎日2~3回は掃除をする必要がありますが、システムトイレの場合、下にシートが引いてあり、だいたいそれを一週間に一度交換するだけでOKです。

人間にとっては一番楽ですが、猫の中にはシリカゲル系の砂を嫌う子もいます。

固まらず、頻繁に交換しないので、トイレチェックによる健康管理をすることがでないというデメリットもあります。

紙製

紙やパルプから作られているので、とても軽く楽に持ち運びができます。種類によってはトイレに流せるものもあり、処分がとても簡単です。

紙

脱臭性や吸水性に優れている反面、やや固まりが崩れやすく、キレイに処理しにくいという難点もあります。

またとても軽いのでトイレの外に散らばりやすく、床の掃除をしなくてはいけません。

木製

木のおがくずなどから作られているので、脱臭性や吸収性に優れています。

木材

なかにはヒノキなどの香りがする砂もあります。製品によっては、トイレに流せたり、飛び散りにくく加工されていたりするものもあります。

長く使用していると粒が壊れ粉になってしまうので、早めに砂を交換しなくてはいけません。

おから製

おからからできているので猫の口に入ってしまっても安心ですが、もしも好んで食べるようになってしまったら使用を中止してください。

鉱物系よりは軽く、トイレに流せたり庭に埋められたり、可燃ゴミに出せたりと処分が楽です。

木製と同様、使い続けていると粒が壊れて砂になるので、早めの交換が必要です。おからのにおいが苦手な人や猫には向きません。


いかがでしたか。このように、それそれの猫砂にはメリット・デメリットがあります。

こまめな交換が面倒な人はシリカゲル系を、重くても飛び散らないほうがいいのなら鉱物系を使うなど、環境や好みで選ぶといいでしょう。

中には好みにうるさい猫ちゃんもいるので、使いにくそうにしていたら別の猫砂を試してみることをおすすめします。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。