猫をダイエットさせるためにはどうしたらいいの?

肥満猫

室内飼いが一般的になり、そのおかげで猫の寿命は伸びましたが、かわりに運動不足などから肥満になってしまう猫が増えています。また不妊・去勢手術をすると肥満になりやすいそうです。

肥満は万病の元。長生きしてもらうためにも、いますぐダイエットをはじめましょう。

スポンサードリンク



理想体重を知ろう

猫

人間の場合もそうですが、やみくもにただダイエットをするのは身体によくありません。

また、あなたが理想とする体型や体重が、猫にとって適切であるとは限らないのです。

本格的にダイエットをさせるのなら、まずは獣医に相談し、自分の猫の理想体重を教えてもらいましょう。それに合わせて一日に摂るカロリーを決めます。

成猫の場合、オスは3.5~5.0kg、メスは2.2~4.0kgくらいが理想だと言われています。

上から見ると腰にくびれがあり、皮下脂肪は薄くついているけれど触ると肋骨の感触がわかるくらいが猫の理想体型です。

上から見てもまったくくびれがなかったり、脂肪のせいでおなかがたれている子は肥満である可能性が高いです。

肥満のせいですでに病気を患っている可能性もあるので、まずは健康診断もかねて診察を受けましょう。

食事を管理する

猫の場合、犬のように散歩をする習慣がなく、遊びも自分の気分がのったときだけ参加します。そのため、運動だけで猫を痩せさせることはほぼ不可能であり、食事の管理が重要になってきます。

理想カロリーになるよう、毎日のエサを少しずつ減らしていきましょう。

目分量ではなく、きちんと毎回重さを量って与えてください。

低カロリーで食べ応えがあるダイエット用フードに置き換えると、腹持ちがよく、ストレスが溜まりにくいです。

エサを置き換える場合は、これまで食べていたエサに少量新しいエサを混ぜ、徐々にその量を増やしていってください。

肥満になるのは、食べることがとても好きな猫です。慣れないうちはもっとよこせとエサをねだるでしょうが、ここで折れてしまったら、猫のためにもなりません。

どんなにねだられても、決まった量以上のエサを与えないようにしましょう。

一日2回が基本ですが、ダイエットをはじめたらエサをさらに小分けにして一日3~4回にわけて与えてください。

空腹の期間が少なくなり、余分なエネルギーが脂肪となることを防止できます。

運動させる

猫

運動して消費カロリーを増やせば、それだけ脂肪が燃焼して理想体重に近づきます。毎日2~3回はおもちゃなどで遊んであげましょう。時間は短くてもOKです。

おもちゃでキャットタワーなどの高い場所へ誘導し、上下運動をさせると、消費カロリーが高くなります。

猫をダイエットさせるときの注意

急激に痩せさせると、かえって健康を損なう可能性があります。だいたい1ヶ月で2~5%くらいの体重を落とすのが理想です。

そのため、猫のダイエットは何ヶ月にもわたる長期戦となります。焦らずに、時間をかけてじっくり行いましょう。

肥満の猫の場合、絶食させたり、エサを極端に少なくすると、肝機能不全を起こす危険があります。

くれぐれも与えるエサの量には注意してください。また、ダイエットは子猫や妊娠中の猫には行わないでください。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。