猫が家から脱走してしまったときの対処法

脱走猫

猫は好奇心がとても強い生き物です。少しの隙間でも容易に通り抜け、外に脱走してしまいます。

無事、我が家に帰ってきてもらうためには、どうしたらいいのでしょうか。

走って追いかけない

脱走猫

脱走直後や、外にいるのを見つけた場合、早く捕まえようと走って追いかけるのは逆効果です。

怖がってますます遠くに逃げていってしまいます。

見つけても、はやる気持ちを押さえ、まずは猫を安心させるためにも体勢を低くしましょう。

それから優しく名前を呼んだり、持っていたエサを出します。猫が自分から近づいてきたら、驚かせないようにゆっくり抱いて捕獲しましょう。

トイレの砂をまく

猫の中には外に出てパニックとなり、自分の家がどこだかわからなくなる子もいます。

そのため、ここが家だよと教えるためにも、これまで使用していた猫トイレの砂を家の周辺にまきましょう。

猫はとても鼻がいいので、においをたどって帰ってきてくれることがあります。

探すなら近場

猫の行動範囲はそれほど広くありません。ましてや完全室内飼いだった猫の場合は、外の世界になれていないので、脱走してもすぐ近くに身を潜めていることがほとんどです。

そのため、脱走した猫を探すなら近場を重点的に探しましょう。

完全室内飼いだった猫なら、まずは半径50mの範囲にしぼって徹底的に調べてください。

突然の外の世界に怯え、思わぬ隙間に入りこみ、じっとしていることがあります。普段から外に出ている猫なら、半径300mくらいの範囲を探してください。

保健所などに連絡する

猫

発見する前に、第三者の手で猫が保護されていることもあります。

猫が脱走したら、すみやかに保健所や動物管理センターなどに電話をしましょう。

自分の猫の特徴をしっかり伝えておけば、保護されたときに知らせてくれます。

余裕があれば、動物病院、警察、区役所、清掃局などにも連絡しておくといいでしょう。

チラシを作成して配る

数日たっても猫が帰ってこなかった場合、他の人に力を借りるためにもチラシを作成し、近隣に配りましょう。

おそらくは猫がいるであろう半径500mほどの範囲に配るといいです。

特徴を詳しく書きすぎても、猫を飼っていない人にはわかりません。

とくに毛の色は「キジトラ」「サビ柄」など言われても、素人にはピンとこないので、わかりやすい表現で書いてください。

いろんな角度から取られた写真を数枚貼るようにしましょう。猫が無事に見つかったら、トラブルにならないためにも、貼ったチラシはすべて剥がしてくださいね。

捕獲機を使用する

脱走猫

チラシなどが功を奏して、飼っている猫の目撃情報を得られたら、その場所に捕獲機を仕掛けてみましょう。

捕獲機は、愛護団体によっては無償で貸してくれるところもあります。その土地の持ち主にきちんと了解を得てから設置してくださいね。


いかがでしたか。気をつけていても、猫の脱走はどうしても起こってしまうものです。

逃げられてからでは遅いので、きちんと普段から首輪と迷子札をつけるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。