猫は犬みたいに散歩させられますか?

猫の散歩

最近では、犬以外の動物も散歩をさせることが流行ってきています。ウサギはブームになり「うさんぽ」なんて言葉まで誕生しました。

では、猫は散歩させることができるのでしょうか。

スポンサードリンク



猫にストレスがかからないかチェックする

猫はもともと散歩をする必要がありません。というもの、猫は自分が持ったテリトリー内で生活する動物だからです。

完全室内飼いの場合は、猫のテリトリーは家の中だけです。それを外に出すということは、テリトリー外の未知の世界に飼い主の都合で出すということに他なりません。

積極的にテリトリーを広げたがる子や、好奇心が旺盛な子であれば平気なこともありますが、中には外の世界を酷く怯える子もいます。

散歩を行うなら、猫の様子をきちんと見て、ストレスになっているようならすぐに中止しましょう。

デメリットを理解した上で行う

子猫の散歩

外の世界には様々な危険があります。病原菌や寄生虫、ノミやダニが存在するのです。

散歩をするのなら、ワクチンを打ったり予防薬を投与するなど、少しでも可能性を減らすよう努力しましょう。

また、逃げられてしまうと、望まぬ妊娠をしたりさせたりすることがあるため、散歩させる猫には避妊、去勢手術を行ってください。

猫の首輪には安全機能がついているものが多く外れやすいため、散歩をするならしっかりした作りのハーネスをつけるようにしましょう。

また、散歩をすると、そのコースも猫のテリトリーとなります。

猫は毎日自分のテリトリー内を歩き回る習性があるため、慣れたら毎日散歩をねだってくるようになり、そうなったらできるだけ応じなければいけません。

自分のテリトリーを回れないと、猫はストレスを貯めこむことになるでしょう。

しかも、中には一日一回の散歩では満足しない子もいます。外に出たがって脱走しようとするようになったり、引っかかれて玄関のドアが傷だらけになったり、夜鳴きするようになったというケースもあります。

メリットも存在する

猫の散歩

散々デメリットについて語ってきましたが、猫の散歩にもメリットは存在します。

室内飼いの猫はどうしても運動不足になりやすいのですが、毎日散歩をすることで解消することができます。

避妊、去勢手術をすると太りやすい体質になりやすいですが、散歩を行えば、肥満予防にもなります。

きちんと猫の希望通りに散歩を行えば、ストレスの解消にもなるでしょう。

おすすめなのは、テリトリーが確定する前の子猫の頃から散歩に慣らすことです。そうすれば、テリトリーの外に出る恐怖を味わうことなく散歩に慣れてくれます。

もしも成猫になってから散歩を行いたいなら、じっくり時間をかけて慣れさせましょう。まずはハーネスをつけ慣れることからはじめます。

猫はネオフォビアと言われていて、新しいことを極端に嫌う傾向があります。

散歩を行うなら、飼い主の都合に合わせるのではなく、猫の気持ちになって、焦らず挑戦していきましょう。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。