猫に水を飲ませる方法とは

猫

大昔は砂漠に住んでいたせいか、猫はあまり水を飲まない子が多いです。しかし、水を飲まないと尿結石や膀胱炎などの病気になりやすくなります。

夏場なら、脱水症の危険もあります。とはいえ、まさか健康な猫に、毎日スポイトで水を無理やり飲ませるわけにもいきませんよね。

猫に自分から水を飲んでもらうには、どうしたらいいのでしょうか。

ウエットフードを与える

蛇口と猫

ウエットフードには水分が多く含まれています。ドライフードから換えるだけでもかなり水分を取ることが可能です。

スープタイプのおやつを与える、ドライフードに水を入れてふやかすなどしてもいいでしょう。

こまめに水を取り替える

猫は新鮮な水を好む子が多いです。そのため、水はこまめに取り替えましょう。

動く水が好きな子は、蛇口から直接飲ませてあげるという方法もあります。

容器をかえてみる

水を飲まないのは、容器が気に入らないからかもしれません。高さのない飲みやすい容器に変えてみてください。

神経質な猫の中にはヒゲが容器に触れるのを嫌がる子もいます。そういう猫の場合は、ヒゲが触れないほど広い容器に交換するのがおすすめです。

また、常に水が流れている自動循環式給水器も猫に人気があります。

中には、フィルターがついていてにおいや味を除去してくれたり、活性炭で水がおいしくなるという高機能のものもあります。

ほかにも器には、ガラス、金属、陶器、プラスチック、木などの種類があります。どれが好きなのかわからないので、何種類か試してみるといいでしょう。

水飲み場を増やす

猫に水

あちこちに水飲み場を増やし、興味を引いて水を飲んでもらいます。水を入れる器はそれぞれ違うもののほうが、気になって飲んでくれるようです。

トイレの近くでは飲食を嫌がる子が多いので、そばには置かないようにしてください。

水に変化をつける

猫の中には温かいお湯を飲みたがる子もいます。とくに寒い冬場は人気のようです。

また、ささみを煮た汁を水に混ぜたり、またたびを混ぜるなどしても、水を飲んでくれます。

器を洗うときは洗剤を使わない

過敏な猫の場合、洗剤のにおいが残っていると水を飲まない子がいます。

器を洗うときは洗剤を使わず、アクリルスポンジなどを使って洗います。ペット用に作られた食器洗剤もあるので、試してみるといいかもしれません。


いかがでしたか。このように、水を飲まない猫ちゃんのためには工夫が必要です。

ときには悪化して死に至るケースもあるので、ぜひとも水を飲ませてください。

猫に一日に必要な水分は、体重1kgにつき20~45mlだと言われています。あれこれ試してみて、自分の猫の好みを把握しましょう。

コメントは受け付けていません。