猫はブラッシングしたほうがいいの?

猫のブラッシング

猫は毎日自分の身体をなめまわしていますよね。そのせいか、人が手をかけなくても被毛はツヤツヤです。

こんなにキレイなのに人がブラッシングする意味ってあるのかな、と思ったことはありませんか。

ブラッシングの効果

猫

猫は毎日身体をなめて毛づくろいをしていますが、そのせいで大量の毛を飲みこんでいます。

猫がたまに毛玉を吐くのは、胃に溜まった毛を除去するためです。

胃につまった毛をうまく吐けなくなると、毛球症という病気になってしまいます。悪化すると開腹手術をしなくてはならない怖い病気です。

ブラッシングをすると、ムダ毛やフケを取り除くことができるため、毛玉を吐く回数を抑えることができ、毛球症の予防にもなります。

とくに長毛種の猫は毛が長いせいで飲みこむ量が多く、舐めていても行き届かないために毛玉を作ってしまうことがあるので、最低でも一日に二回はブラッシングしてあげましょう。

また、ブラッシングをすると刺激で血行がよくなるという効果もあります。

身体全体をチェックすることができるので、異常を発見しやすく、病気や怪我の早期発見にも役立ちます。

ブラッシングの仕方

毛づくろい

ブラッシングに慣れていない子は、まずは手でやさしく撫でてやり、リラックスさせましょう。

緊張がほぐれ身体の力が抜けたら、毛の流れにそってやさしくブラッシングします。上から下へが基本です。頭の後ろや背中からやりはじめます。嫌がらなければお尻やお腹もブラッシングしましょう。

短毛種はラバーブラシ、長毛種はすりカーブラシとコームを使用するのがおすすめです。

長毛種の猫の場合、耳の後ろ、わきの下、お尻の周辺、腿の付け根は毛玉ができやすいので、細目のコームを使い念入りにブラッシングしましょう。

ブラッシング嫌いな猫の場合

猫

中にはブラッシングされることを嫌がる猫もいます。そういう子は焦らずゆっくりブラッシングに慣れさせていきましょう。

まずは手で撫で、身体をすかれる感覚に慣れさせましょう。撫でられてリラックスしているときや、食べ物に集中しているときなどに、そっとブラシングしてブラシに慣れさせます。

壁にバターを塗って、舐めている隙にブラッシングするという方法もあります。

お腹や尻尾を触られるのを嫌がる子は多いです。

慣れるまでは、触られると喜びやすいあごの下や顔周り、背中だけをブラッシングしてあげましょう。

完全に慣れたら、徐々に苦手な部分にもチャレンジしていきます。どうしても嫌がる場合は、ブラシの種類を変えてみるというもの有効です。


いかがでしたか。ブラッシングは飼い主と猫のよいスキンシップにもなります。

猫ちゃんのためも、ぜひこまめにブラッシングしてあげてくださいね。

コメントは受け付けていません。