猫の表情から気持ちを読み取ろう

猫の気持ち

変化がなさそうに見えても、猫にまったく表情がないわけではありません。

ささやかな動きなので、知らない人からすると無表情だと思われていることが多いですが、猫だって表情から気持ちを読み取ることは可能です。

では猫は、どのような気持ちのときに、どんな表情をするのでしょうか。

スポンサードリンク



満足

目を半分閉じ、耳を前に向けている状態です。目を細め、微笑んでいるようだという人もいます。

リラックスして満たされているとこのような表情になります。

よその人の前ではあまりこの表情はしません。飼っていない人が猫は無表情だと思うのは、そのせいかもしれませんね。

興味

興味がある対象物のほうへ、ピンと立てた耳を向けます。猫の聴覚は犬よりも鋭く、そのため音から情報収集しようとしているのです。

ひげが張っていて、興奮し、対象物にピントを合わせようと瞳孔が開いたり閉じたりをくり返します。

ためらい

今後の行動に迷うと、情報を得るために耳をぴくぴく動かします。ヒゲをたてていることもあります。

こんな表情をしていたら、結論が出るまでかまわずにそっとしておいたほうがいいかもしれませんね。

怒り

ヒゲを前に突き出して、耳をピンと立て、興奮で目が丸くなります。

自分のほうが優位だと感じると、耳を後ろに引いて、裏側を見せます。

人間相手では自分が優位とは感じないので、通常飼い主はこの表情を見ることができません。

恐怖

耳を後ろに引いて、ヒゲはたれ、緊張すると目が丸くなっていきます。ひげはたれて引きぎみです。

警戒心が強いと目の大きさが左右で違ったり、上まぶたが下がってくることもあります。

攻撃

口を大きく開けて、牙を見せつけます。

目を見開き、丸い瞳孔でにらみつけます。ひげは大きく広がり、ときには「シャー!」と威嚇することもあります。

眠い

目が潤み、目のはじが少したれます。

まぶたの内側にある瞬膜が出てくると、いよいよ眠くなった合図です。

うれしい

ヒゲがやや上向きに開き、ピンと張ります。

時計でいうと10時10分の方向へ開くと、うれしい気持ちのときだと言われています。

退屈

眠気もなく、することがなくてつまらないときは、ヒゲがたれて下がります。

あまりに退屈すると、自分から鳴いて遊べと主張してくる子もいます。こういった表情のときに遊んであげると喜びますよ。


いかがでしたか。

猫は犬などと比べると無表情だと言われています。犬は群れで生活し、協力して獲物を狩る動物なのに対し、猫は単独で狩りをして生活していたせいです。

そのため、犬にくらべると表情筋が少なく、豊かに表情を作ることができないのです。

ですがこのように、ささやかではありますが、猫にもきちんと表情があるのです。

わかってしまうと、猫の表情の観察は楽しいものですよ。よく見て、猫の気持ちを汲み取ってあげてくださいね。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。