猫を迎えた初日には、どうしたらいいの?

子猫

さあ、いよいよ家に待望の猫がやってきます!とても楽しみですが、これまで猫を飼ったことがない人にとっては不安でもありますよね。

そこで、猫を飼いはじめた当日は、どのようにしたらいいのかポイントをご紹介します。

スポンサードリンク



お迎えは午前中にする

できれば猫をお迎えするのは午前中にしましょう。

 子猫

猫にとって環境の変化は強いストレスになります。

ゆえに、お迎えはトラブルが起こりやすいときでもあるのです。

具合が悪くなったり、なにかトラブルが起こったときに、夜では動物病院やペットショップに連絡がつかないことがあります。

そのため、十分な対応ができるように、できればお迎えは午前中に行うようにしてください。

猫の好きにさせてあげる

すぐに可愛がりたいでしょうが、猫のためにもグッと我慢してください。

まずは猫を家に連れてきたら、自分でキャリーの中から出てくるのを待ち、家の中を自由に探索させてあげましょう。

猫

猫はテリトリーを持つ生き物です。まずはどのような環境に来たのか確認させ、安心させてあげましょう。

危険なものや、いたずらされたくないものは、あらかじめ片付けておいてください。

ストレスを減らすためにも、初日はあまり触ったり抱っこはしないようにしてくださいね。

愛用品をもらっておく

安心させ、はやく新しい環境に慣れてもらうためにも、ぜひ元の飼い主からこれまで使っていたおもちゃやタオルなどをわけてもらいましょう。

自分のにおいがついたものがあると、猫は安心します。これから使ってもらいたい猫ベッドなどにおいておくといいですよ。

エサはこれまで食べていたものと同じものをあげる

環境の変化を少しでも減らすために、家に迎えてからしばらくの間は、これまでと同じエサを与えてください。

もらってくるときには、どのようなエサを与えていたのか、きちんと尋ねましょう。

新しいエサを与えるのは、1~2週間たって、環境に慣れてきてからにしてくださいね。

トイレのしつけ

猫は子猫でもあまりトイレを失敗することがありませんが、一度ここだと決めてしまうと、変更させることが難しい生き物です。

そのため、初日からトイレのしつけはきっちり行いましょう。

トイレ

以前使っていたトイレの砂を少量もらってきて、新しいトイレに混ぜておくと、においでここがトイレだと認識してくれます。

ソワソワとなにか探すような仕草をしだしたら、トイレを探している可能性があるので、うまく誘導してあげてください。

もしもトイレを失敗してしまったときは、それを拭き取ったトイレットペーパーなどをトイレに入れておくといいです。


いかがでしたか。このように、新しく猫を迎えるときには気をつけなくてはならないことがいくつかあります。

できるだけストレスを減らして、はやく環境に慣れるように配慮してあげてくださいね。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。