抱っこ嫌いの猫を、抱っこ好きにする方法

猫

猫を飼ったら、ぜひ抱っこしたい!と願っている人は多いですよね。毛でもこもこの身体をぎゅっと抱きしめれば、それだけで癒され、幸せな気分になるでしょう。

でも、残念ながら猫の中には抱っこを嫌う子も多いのです。

どうしたら上手に猫を抱っこすることができるのでしょうか。

猫が抱っこを嫌う理由

抱っこをすると、身体が完全に宙に浮きます。自分で自分の身体の制御できなくなるため、猫にとってはとても怖いと感じる子が多いようです。

飼い主の抱っこが下手なせいで、ますます怖く感じて、嫌がっていることもあります。よって、まずは安定感が増すようにしっかり抱いてあげましょう。

愛猫

また、飼い主との信頼関係がきちんとできていない場合も嫌がります。

病院に行くときや、身体を洗うとき、爪を切られたときのことを強烈に覚えていて、抱っこ=嫌なこととインプットされてしまっている猫も、抱っこを嫌がるようです。

上手に抱っこする方法

猫だって生き物です。嫌なことを無理やりされれば、ますます嫌いになってしまいます。焦らずに、ゆっくり慣らし、抱っこは嫌なことではないと覚えさせましょう。

無理やりしたり、不意打ちで抱っこするのは止めてくださいね。ますます抱っこ嫌いになってしまいます。

愛猫

また、不安定さを不安に思う猫が多いので、まずは座ったまま抱っこすることからはじめるのがおすすめです。

自分から擦り寄ってきたり、膝に乗ってきたときがチャンスです。優しく撫でてあげるなどして、猫がリラックスしているのを確認してください。

声をかけてから、脇に手を入れてゆっくり上半身を持ち上げます。

それでも嫌がらなかったら、抱き上げましょう。身体を安定させるため、必ず片手で猫のお尻を支えます。

人間の身体に密着させるように抱っこしてやると安定感が増し、猫の不安を減らすことができますよ。

嫌そうに鳴いたり、暴れたり、身体に力が入りすぎて硬直していたら、すぐに開放してあげてください。

上手に抱っこができたら、撫でてあげたりおやつをあげるなど、ご褒美を用意すると、早く抱っこに慣れてくれることがあります。

品種によっても差がある

エキゾチックショートヘア

純血種の子の場合、抱っこが好きな品種と嫌いな品種があるようです。

抱っこ好きと言われているのは、

  • ラグドール
  • スコティッシュフォールド
  • エキゾチックショートヘア

などです。

抱っこ嫌いと言われているのは、

  • ペルシャ
  • アメリカンショートヘア

などです。

もちろん個体差はありますが、ぜひとも猫を抱っこがしたいという人は、飼うときの参考にしてみてください。


このように、猫を抱っこに慣れさせるには時間と根気が必要です。とくに成猫になってからでは時間がかかるようなので、子猫のうちから慣らすようにしましょう。

抱っこが嫌いでも、けっして飼い主が嫌いなわけではありません。どうしても慣れなかった場合は、そういう性格の子なのだと諦めて、可愛がってあげてくださいね。

コメントは受け付けていません。