猫飼い初心者向け!「猫に水分を多くとってもらう方法」

子猫

猫はもともと水分をあまり必要としない動物と言われています。しかしあまりにもとらないとなれば、体調にも支障がでてしまうことも。

以下では、猫に必要な水分をしっかりと摂ってもらうための方法をまとめました。

基本は水入れから、水道の蛇口が好きな猫も

猫用の飲み水は、やや深めの器に入れてわかりやすい場所に置いておき、新鮮な状態を保てるように一定のタイミングで変えます

容器はぶつけてこぼさないようなものなら何でもかまいません。

また、猫は基本的に水は苦手なのですが、小さいころから人間とともに暮らして水になれていると、蛇口から直接飲む水が好きであったり、お風呂の浴槽にはった水が好きであったり、浴室のすみにちょっとだけ残った水をなめたりするケースもあります。

こういった場合は、水入れを用意していてもあまりそこからは飲まず、飼い主の知らないところでしっかり水分摂取できていることもあります。

自動で水入れの水が循環するものもあるので、水にこだわる猫にはそれを試してみるのもいいでしょう。また、水入れ専用の器も販売されていますので、それを利用してみるのも手です。

基本はまず愛猫の習性をチェックし、どのような水を好むのかを見極めてみましょう。

ウェットフードなら水はほとんど飲まない?

ドライフードは水分がほとんどないため、水がいつでも飲めるようにしておくことが必要とされています。

しかしウェットフードは水分を多く含んでいるため、フードでほぼ必要な量が摂れてしまい、水入れを用意してもほとんど飲まない猫もいます

もしウェットフードのみを与えているのなら、水をあまり飲んでいなくてもそれほど心配はいらないでしょう。気になるようならフードに少し水を足してあげるといいですね。

ドライフードを水でふやかそう

黒猫

水を積極的に摂らないとなれば、食事からとってもらうのがいいでしょう。

まれにあるケースとして、ウェットからドライに切り替えた時、それまでの習性で水入れから水を飲まないことがあります。

こんなときはドライフードも水を入れてしばらく置いておくと、3倍くらいの大きさに柔らかく膨らみますので、それを与えてみましょう。

食感や味が変わりますので猫によっては好まないケースもありますから、様子見ながら与えてみてください。

水分を含むと日持ちしなくなるので、残りは長時間置かないように気を付けてください。

あまり意識的に摂っていないように見えても、実はしっかりと水分が足りていて体調も良く便の状態も問題ないということもあります。

体調が悪いということでなければ少し様子をみてみるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。