猫の抜け毛が酷いけれど大丈夫?

猫

ペットを飼っているとどうしても気になる抜け毛。猫を飼うと、抜け毛の量の多さに驚くことでしょう。

毎日掃除をしていても、気がつくとあちこちで舞っているなんてことは、猫飼いならよくあることです。

でも、あまりに抜けすぎても心配ですよね。

猫の抜け毛が多くなるのは春と秋

猫

自然の動物は季節によって毛や羽毛を変え、体温を調節しています。家の中で暮らすようにはなりましたが、猫もこれと同じ習性を残しています。

猫の毛が体温調節のために生え変わるのは春の終わりと秋の終わりです。ちょうど人間の衣替えと同じ時期ですね。

この時期は不要になった毛がごっそり抜けるので、初めて猫を飼った人の中には戸惑う人もいます。けれど、それは自然なことなので慌てる必要はありません。

むしろ抜けすぎて怖いと不要になった毛を身体につけたままにしていると、猫が身体を舐めた拍子に体内に取り込んでしまい、毛玉を吐く原因となるので、この時期は毎日積極的にブラッシングを行ってください。

短毛種の猫より、長毛種の猫のほうが念入りのブラッシングが必要となります。

体内に毛が溜まりすぎると毛球症という病気になってしまうので、ブラッシングとあわせて、猫草を食べさせたり、毛玉ケアのエサをあげるなどするといいでしょう。

オーバーコートとアンダーコート

猫

よく観察しないとわかりずらいですが、猫の毛には2つの種類あります。太く硬いオーバーコートと、細くてやわらかいアンダーコートです。

オーバーコートはとても長く、身体の表面を覆って、水を弾いたり外界の刺激から身体を守る役目をしています。一方のアンダーコートは皮膚に近い場所にびっしり集まり、断熱の役目をはたしています。

換毛期に大量に取れるのはアンダーコートのほうです。とても細いため布や身体につきやすく、フワフワ舞いやすいため掃除が大変になります。

掃除をするときは、舞わせないようにスプレーで水をまいたりするといいでしょう。

病気が原因で毛が抜けている場合

猫

猫はさまざまな病気が原因で脱毛します。これらは生え変わりの時期と関係なく起こります。

疥癬、ノミやダニ、アレルギー、栄養不足、ストレス、糖尿病、肉芽種などが主な原因です。

痒がる、湿疹ができている、毛が薄くなるほど猫が舐める、などの異常が見られたら、すぐに獣医さんの診察を受けましょう。

日頃から猫としっかり触れ合い、健康チェックをこまめにしていると、早期に発見することが可能です。


このように抜け毛が多くても、皮膚に異常がなく猫がいつも通り元気であれば、あまり心配する必要はありません。

とくに生え変わりの時期であれば、何度ブラッシングしても、ブラシが毛まみれになるというのが普通です。

コメントは受け付けていません。