猫の尻尾で気持ちを読み取ろう

人間や犬と比べても表情筋が発達していないので、猫の表情から気持ちを読み取ることは難しいです。

けれど、逆に猫の尻尾はとても雄弁。尻尾の動きを観察して、猫の気持ちを読み取りましょう。

1.上にピンと立てる

かまって欲しいときや、エサをねだるときなど、甘えたいときに猫は尻尾を垂直に立てます。

母親と一緒にいる子猫はよくこの尻尾をしています。それだけあなたに親愛の情を抱いているということなのです。

この尻尾をして近づいて生きたときは、たくさんかまってあげてください。

2.ぶんぶん振る

尻尾を大きく振っていたら、それはイライラしているというサインです。

犬が喜ぶと尻尾を振ることは有名ですが、猫の場合はまったくの真逆なので、間違えないようにしましょう。

あなたの前でこの尻尾をしたら、直前にしていた行動が嫌だった可能性があります。やろうとしていた行動を止めて、あまりかまわないようにしましょう。

3.毛を逆立てる

恐怖を感じたときや、相手を威嚇するときに尻尾を膨らまします。

ピンと立てて膨らんでいるときは少しでも自分を大きく見せて追い払おうとしているときで、下を向いたまま膨らませているときは、自分が強いと自覚して威嚇しているときです。

子猫

子猫は少しの興奮でも膨らませやすい傾向にあります。

4.足の間にしまう

恐怖を感じているときに、猫は尻尾を隠します。

強い相手と対面したときなどには、この行動をすることで、相手に攻撃の意志がないと示しているのです。

5.床を叩く

名前を呼んだときに床を尻尾で叩くのは、返事のかわりです。

人のそばに行ったり、声を出すのは億劫なので、尻尾で答えています。音が出そうなくらい強く叩いたときは、イラついているときです。

どちらにせよ、その状態のときは人間にあまり興味がないので、かまいすぎないようにしましょう。

6.立てて先だけ曲げる

この尻尾をしたまま近づいてきたら、それは遊ぼうというサインです。

気分が乗ってきているのでたくさん遊んであげましょう。

嫌な相手を前にこの尻尾になったときは、威嚇を意味します。

7.だらんと下げる

しょんぼりしているときは、尻尾にも力が入らなくなります。

落ち込んだり怒られたときによくなりますが、具合が悪いときにもなるので、しばらくこの状態が続いて戻らなかったら、注意が必要です。

8.先だけパタパタ動かす

猫

獲物を見つけたときに、狙いを定めながらこの動きをします。

猫じゃらしに飛び掛る前などによくこの動きが見られます。不安や迷いがあるときにもすることがあります。


いかがでしたか。このように猫の尻尾はとても感情表現が豊かです。とても目立つので、少しくらい離れていても、慣れれば気持ちを読み取ることが可能です。

ぜひ覚えて、より良いコミュニケーションに役立ててください。

コメントは受け付けていません。