猫を飼うならワクチンは必要なの?

子猫

猫にはかかりやすい感染症や、一度感染してしまうと完治できない病気があります。それらを予防するには、ワクチン接種が有効です。

スポンサードリンク



ワクチンとは

長毛種

毒性を弱めたり、殺したウイルスを身体の中に入れることで、あらかじめ抗体を作っておき免疫力を高めることにより、感染症にかかりにくくします。

毒性を弱めたものを生ワクチン、殺したウイルスを使ったものを不活性化ワクチンといいます。

なぜワクチンが必要なのか

ワクチンが開発されている伝染病は、一度かかると有効な治療法が存在しないものや、致死率が高いもの、人にまで感染するものです。そのため、猫の長寿を願うのなら、接種しておいたほうがいいでしょう。

完全室内飼いだからワクチンはいらないという人もいます。しかし、脱走してしまった場合や、人から感染することもあるので、完全室内飼いでも絶対に伝染病にかからないという保証はないのです。

ペットホテルなどは、ワクチン接種をしていない猫は預かりを拒否することもあります。

ワクチンのタイミング

子猫

母猫から初乳をもらうと、一緒に抗体ももらえるため、しばらくは病気にかかりにくくなります。ところが生後6~13週くらいからその効力は薄れてしまうため、病気にかかりやすくなってしまいます。

ゆえに、その時期を狙って1回目のワクチンを接種させましょう。

母親からもらった抗体が残っているとワクチンの効果が出にくいため、1ヶ月後くらいに再び2回目のワクチンを打ちます。その後は、年に1回ワクチン接種を受けるのが一般的です。

ワクチンで予防できる病気

  1. 猫伝染性鼻気管支炎
  2. 猫カリシウイルス感染症
  3. 猫汎白血球減少症
  4. 猫白血病ウイルス感染症
  5. 猫クラミジア感染症
  6. 猫免疫不全ウイルス感染症

ワクチンの種類

ワクチン

ワクチンは組み合わせによって1~7種ワクチンまであります。

かかりやすく危険な病気である、猫ウイルス性鼻気管支炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症のワクチンはとくに受けておいたほうがいいとされています。ゆえに、これらを含む3種ワクチンはコアワクチンと呼ばれ、もっとも飼い猫に受けさせている人が多いです。

ワクチンを接種させるときの注意

1.ワクチンを打つ前は体調管理に気をつける

食欲はあるか、いつも通りトイレに行っているか、体調は良さそうかなどを観察しましょう。異変を感じたら、獣医師と相談して、場合によってはワクチン接種を延期してください。

2.できるだけ午前中に受けさせる

体調に異常がでてしまった場合、夜中だと動物病院は営業していないため、速やかに対応してもらえないことがあります。

余裕をもって午前中に打ってもらったほうが、急変しても対応してもらえやすくなります。

3.接種したら、猫の様子をよく観察する

異物を体内に入れたのですから、一時的に体調を崩す猫もいます。またワクチンには副作用の危険もあります。

異変を感じたら、すみやかに病院に連絡し、指示をあおぎましょう。

4.お風呂や移動はしばらく避ける

ワクチンを打ったあとは、体調が急変しやすいため、しばらくは穏やかに過ごさせてあげましょう。

そのため、お風呂や家からの移動などは一週間以上経ってから行うようにしてください。

また、身体の中で抗体が出来上がるまでには時間がかかります。
ペットホテルやトリミング、他の猫との接触などは、ワクチン接種から2週間ほど経ってからにするのがマナーです。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。