猫の身体は洗ったほうがいいの?

猫

犬の場合は、定期的にシャンプーをして身体を洗う必要があります。

でも猫を洗うことってあまりありませんよね。どうしてなのでしょう?

スポンサードリンク



猫はシャンプーする必要がない

猫のお風呂

猫は毎日何度も自分の身体をなめてキレイにしています。身を潜めて獲物を狩る習性のため、体臭もほとんどありません。

よって、犬やほかのペットのように、シャンプーなどで身体をキレイにする必要はないのです。

猫はもともと砂漠生まれであるため、身体が水で濡れることを極端に嫌います。

中にはお風呂に入るのが好きな子もいますが、それはごく稀な例であり、子猫の頃から慣らしていることがほとんどです。

無理やり身体を洗ったりお風呂に入れると、強いストレスになるので、普通の猫は身体がひどく汚れてしまったとき以外は、極力洗わないほうがいいでしょう。その場合も、年に1~2度程度にしてください。

シャンプーの仕方

猫

なにかのせいで猫がひどく汚れてしまったときは、極力ストレスを与えないように注意しながら身体を洗いましょう。

体調が優れないときや、ワクチン接種の前後、妊娠中などは行わないでください。

常に猫の様子をチェックしながら、リラックスさせるためにやさしく声をかけつつ洗います。

人間用のシャンプーでは被毛や肌を痛めてしまうので、必ず猫用のシャンプーを使ってください。

まずは猫が逃げないように両前足を片手で押さえ、動けないように固定します。

水がはねないようにシャワーヘッドを猫の身体に密着させ、足から濡らしはじめ、徐々に上のほうまで濡らしていきましょう。

猫用のシャンプーをつけたら頭→身体→足と上から下に洗います。顔のまわりは濡れたタオルで拭く程度で十分です。

すすぎも頭→身体→足の順で行ってください。しっかりシャンプーを洗い流したら、ドライタオルで包み、身体の水気を取ります。

生乾きのまま放置していると、雑菌が繁殖したり、体調不良の原因となるので、ドライヤーできちんと乾かしましょう。

水が苦手な猫にはドライシャンプーを

猫

子供の頃から水に慣らせばいいと思うかもしれませんが、猫の場合はそううまくいかないようです。

多くの場合、子猫の頃から水に慣らそうとしても慣れません。

無理に何度も水につけると、かえって水嫌いになってしまう子もいるようです何度か試しても嫌がるようでしたら、猫はそういう習性なのだと潔く諦めましょう。

また、大きな音や風を嫌がり、ドライヤーを怖がる子も多いです。そのため、極力ストレスを与えたくないのなら、水のいらないシャンプを使用することをおすすめします。

猫用のドライシャンプーは、ペットショップなどで売られていますよ。液体、ムース、粉状とさまざまな種類があります。使用方法は汚れた場所につけて、布で拭いたりブラッシングするだけです。

猫が舐めても大丈夫な成分でできているため、健康にも問題ありません。


いかがでしたか。完全室内飼いをしていれば、汚れることがほとんどないので、身体を洗う必要はありません。

しかし、肥満の猫や老猫の場合は自分で身体をなめることができないため、飼い主が洗ってあげなくてはならない場合があります。

そういったときのためにも、シャンプーの仕方を覚えておきましょう。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。