猫との別れの時について

猫

猫というペット、無条件に愛しているその存在。長ければ長くいるほどに、愛情は色濃いものになるかと思います。

ですが、どのような生き物にも寿命があります。悲しいけれど受け入れるべき、ペットとの別れについて考えてみましょう。

必ず訪れる悲しい別れ

命あるもの、いつかは死が訪れます。可愛がってきた猫との悲しい別れがくることは、決して避けられない瞬間です。

猫リナ

誰もが通りたくない”死”という別れ。しかし飼い主という立場になった以上は、そこに対しても責任を持つ必要があります。

そうはいっても、愛しいペットとの別れが悲しすぎると、ペットロスになる飼い主も少なくありません。

適度な距離を保ちながら甘えてくるその存在、いることが当たり前だっただけに目の前から消えてしまった喪失感は大きなものですから―――。

人間ではなく”ペットだから”という人もいますが、飼い主にとっては子供のような存在として映っている人もいるのではないでしょうか?

悲しい思いをしたくないがためにペットを飼わない。そのような人もいるといいます。

ですが、それ以上にペットは何か大きなものを与えてくれる存在となるでしょう。そうであるからこそ、決して飼うことに臆病にならなくても良いのではないかと思うのです。

愛情込めた供養は安らぎの材料に…

猫は『死に際を飼い主に見せない』と言われたりしますが、決してそうではありません。

ひんやりとした静かな空間など、人気のない場所に行こうとする習性があるそうですが、敵から身を守り身体の回復を図ることが目的であるともいわれています。

あくまでも休むためであって、もしかしたら必死で生きようとしているのではないでしょうか?

猫リナ

とある猫は、死ぬ数日前からずっと飼い主の傍を離れずにいたといいます。飼い主が他の部屋に行こうとすると、歩けない状態にも関わらず、その猫は這って後をついてきたそうです。

そしてある猫は、獣医師にも見守られながら飼い主の腕の中で最期を看取られたそうです。苦しみながら日に日に弱っていく猫を見るのがつらい日々を送る飼い主。そんな飼い主を不安にさせないようにと、病院まで頑張った猫の最後の配慮だったのでしょう。

猫が飼い主に対して愛情があると確信できる瞬間は、どのような場面でも嬉しいものですね。


ペットが逝ってしまったあとの弔い方は、人それぞれ。

立派なお墓や祭壇がなくとも、その時にできる愛が詰まった供養をしてあげたら、きっと安らかに眠ってくれることと思います。

猫リナ

精一杯生きてきた小さな体―――。

ペットロスにならぬよう、泣いて悲しみを発散させることも大切です。それと同時に、一緒に過ごしてきた日々を振り返りながら、愛情込めた供養をしてあげたいですね。

コメントは受け付けていません。