猫エイズ(猫免疫不全ウイルス感染症=FIV)とはどんな病気?

猫エイズ

猫エイズという病気を知っていますか?エイズなんて聞くとギョッとしてしまいますよね。

その名前のせいで誤解されやすい病気ですが、一度感染してしまうと有効な治療法がないため、猫にとってはとても怖い病気病気です。

正しい知識を持ち、感染予防に努めましょう。

猫免疫不全ウイルス感染症とは?

猫

猫免疫不全ウイルスに感染してしまい、それによって免疫力が衰えてしまう病気です。

人間のエイズとはまったく違う病気で、猫以外に感染することはありません。

感染したから必ず発症するわけではなく、ストレスを与えずに適切な環境で飼育していると、キャリアのまま天寿をまっとうすることもあります。猫免疫不全ウイルス症候群は、3つの段階にわかれます。

1.急性期

ウイルスに感染すると、風邪のような症状や微熱、下痢、リンパ節が腫れるなどの症状が見られます。ほとんどの場合は、この時期に死ぬことはありません。

徐々に症状は治まり、数ヶ月ほどで見られなくなりますが、体内のウイルスは消滅したわけではありません。

なかには急性期の症状が出ない猫もいます。

2.無症状キャリア期

急性期を過ぎると症状が消え、それからしばらくは無症状の状態が続きます。この頃は見た目には健康な猫とまったく差はありません。

しかし、ウイルスはリンパ球の中に潜み、ゆっくりと進行しています。

無症状キャリア期は4~10年と個体によって差があり、中には生涯、無症状キャリア期のまま命を終える猫もいます。

3.エイズ発症期

無症状キャリア期をすぎると、いよいよ目で確認できるような症状が出はじめます。発症初期は、口内炎ができ治らなくなる場合が多いです。

ほかにはよだれや目やに、鼻水が出る、体重が減るなどしはじめます。

それから徐々に症状が進み、免疫力が落ちたことで、風邪に似た症状や、潰瘍、皮膚炎などさまざまな症状に見舞われます。

このステージに入ると猫後天性免疫不全症候群と呼ばれ、ほかの期間と区別されています。

ついにはガンや肺炎などを併発して、最終的には死亡します。

猫エイズに感染させないようにするには

猫の喧嘩

猫エイズは母子感染か、接触感染でしかうつりません。唾液感染もまれに起こりますが、ウイルスがとても弱いため、猫同士で少し触れ合ったり、同じ食器を使ったくらいではまず感染しません。

ほとんどの場合、交尾や喧嘩で流血するほど怪我をしたときにうつることが多いです。よって、猫を飼ったら外に出さないようにすることが一番の予防となります。

日本は他国と比べても感染率が高く、2割ほどの猫が猫エイズウイルスに感染していると言われています。

2008年から、猫エイズの予防接種が可能となりました。心配な人や、多頭飼いをしていてキャリア猫がいるなどする人は、獣医師と相談の上、接種させるといいでしょう。

また、自分の飼っている猫がキャリアと判明した場合は、ほかの猫にうつし病気を広めないためにも、外に出さないようにしてください。

コメントは受け付けていません。