覚えておこう!猫に薬を与える方法

猫の薬

猫が怪我や病気になった際の、投薬はとても大変です。持病があるために毎日薬を飲ませ続けている人でも、なかなか飲んでくれないと頭を悩ませている飼主はたくさんいます。

では、どうすれば猫に薬を飲ませることができるのでしょうか?

スポンサードリンク



錠剤やカプセルの飲ませ方

猫の口

  1. まずは薬をあげると悟られないように、自分の正面に猫をこさせます。
    あぐらをかいて、その中に座らせてもいいです。
  2. 後ろから、猫の頭を片手で包みます。
  3. 親指と人差し指を猫の頬骨にそえ、がっちりつかんで上を向かせてください。
  4. あいているほうの手の親指と人差し指で薬を持ちます。
  5. 薬を持っている手の中指、薬指、小指を使い、猫の口を開けさせます。
    口の端に指を突っこむと、嫌がって口を開けるので、その瞬間にさらに指を入れて開きましょう。もしくは前歯に指をかけて開いてもいいです。
  6. 口が開いたら、のどの奥のほうに薬を入れてください。
    手前だと吐き出しやすいので、入れる場所には気をつけてくださいね。
  7. のどが動いて薬を飲んだことを確認したら、手を離して完了です。

シロップの飲ませ方

猫

液体の薬の場合は、スポイトや注射器で飲ませます。あらかじめ薬を吸い上げたスポイトや注射器を、四本の指で握るように持ち、親指で薬を押し出すように与えるとあげやすいです。

あいてるほうの手で猫の口元をめくり、犬歯の後ろに隙間があるので、そこにスポイトや注射器をつこんで薬を与えます。

一度に大量に注入すると吐き出してしまうことがあるので、焦らず時間をかけて薬を与えてください。

シロップの場合、嫌がらずに舐めてくれる猫もいるので、まずはスプーンなどで与えてどんな反応をするか様子を見てみるといいでしょう。

粉薬の飲ませ方

子猫

水で溶いて、シロップと同じようにスポイトや注射器で飲ませる方法と、エサに混ぜこんで飲ませる方法があります。

においでばれないように、ウエットフードやヨーグルトなどの中間にはさむように混ぜると気づかずに食べてくれます。

エサに混ぜる場合は、わざとお腹をすかせてから薬入りのエサを与えると成功率が上がるそうですよ。

目薬のさし方

猫の目

  1. 少し上を向かせたまま頭を固定します。
  2. 指でまぶたを上に引っぱり開きます。
  3. 頭のほうから目薬を近づけ、目の上のほうに点眼します。

暴れると目薬の先で眼球に傷をつけてしまうことがあるので、注意してください。


いかがでしたか。いまは元気でも、どんな子もいつかは病院のお世話になります。中には嫌がって暴れる子もいるでしょうが、薬をきちんと与えるのは猫のためです。

心を鬼にして、決められた量をちゃんと与えるようにしましょう。

どの方法でも、薬をきちんと飲んだことを確認してくださいね。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。