猫が誤飲してしまったときの応急処置とは

猫

猫は好奇心が強い動物です。そのため猫の誤飲事故は、珍しくないことなのです。

では実際に飼っている猫が誤飲してしまったときは、どうしたらいいのでしょうか。

誤飲をしたときの猫の様子

飼い主の目の届かないところで誤飲する子もいます。猫に以下の様子が見られたら、誤飲してしまった可能性があると思ってください。

  • よだれをたらし、口をモゴモゴ動かしている
  • 何度もえずいて何かを吐き出そうとしている
  • 呼吸を苦しそうにしている
  • 身体に力が入らずぐったりしている

誤飲に気がついたときの応急処置

猫

まずは飼い主が冷静になることが大切です。慌てず適切な判断をすることで猫を救ってください。

最初に、何を飲みこんでしまったのか確認しましょう。部屋からなくなっているものはないかチェックしてください。

思い当たるものがないときは、猫の口を開いてのぞきこみ、なにか見えないか確認します。

1.ひも状のものを飲みこんだ場合

猫はひも状のものが大好きで、ビニールひもや縫い糸などをよく誤飲します。

ひも状のものは細長いので、食道や胃にまで入りこんでいることがあります。無理に引っぱり取り出そうとすると内臓を傷つけてしまう恐れがあり危険です。

見えていても、絶対に引き抜こうとはしないでください。そのままの状態で急いで動物病院へ向かいましょう。

輪ゴムやビニール、割れた鳥の骨、串などを誤飲したときも同様にしてください。

2.小さなおもちゃや部品などを飲みこんだ場合

口の中をのぞきこみ、取れそうな場合は胴をつかんで猫を逆さにしてふり、吐き出させてください。

ふりすぎたり脚を持つと怪我をするので、注意が必要です。

ピンセットで引っ張り出すという方法もあります。

取れそうにない場合は、そのままの状態で動物病院へ行きましょう。

もしもうまく吐き出させることができたら、しばらく様子を観察します。1日経ってもおかしな様子が見られないときは、病院へいかなくても大丈夫です。

3.何を飲みこんだのかわからない場合

まずは慌てずに周囲のものをチェックし、何を飲んだかもう一度調べます。可能性のあるものをリストアップして動物病院へ向かいましょう。

誤飲に気がついたときの注意

猫の誤飲

塩水を飲ませて異物を吐き出させるという方法もありますが、素人が行うと塩中毒が起こりかえって猫の健康を損ねてしまうことがあります。

なので塩水を使って異物を吐き出させる方法はあまりおすすめしません。

洗剤や薬剤を飲んでしまった場合は、吐き戻させると食道を荒れさせてしまうことがあります。そのまま病院へ行きましょう。


いかがでしたか。もしも猫ちゃんが誤飲してしまった時は、慌てず、正しい対処を心がけましょう。

また、誤飲は普段から飼い主が気をつけてあげていれば防ぐことができます。

猫が好きそうなヒモ類や小さなおもちゃ、小物類、薬などは出しっぱなしにせず、きちんと蓋のついた容器や引き出しなどの中にしまいましょう。

口に入れるものがなければ誤飲は起こらないのです。猫ちゃんのためにも、整理整頓を徹底してください。

コメントは受け付けていません。