健康猫のおいしい定番ドライフード「モンプチ」ドライ

健康な猫

以前は日本ブランドのペットフードは品質に不安があり敬遠されがちでしたが、近年は見直され高級志向のものも増えてきました。

今回はその中でも人気のブランド「モンプチ」シリーズのドライを紹介します。

スポンサードリンク



「モンプチ」を扱うネスレピュリナとは?

モンプチ(monpetit)はネスレピュリナのブランドです。

ネスレは世界最大の食品・飲料会社で、日本ではネスレ日本としてインスタントコーヒーやお菓子のメーカーとしてもよく知られているので多くの方がご存じのはずです。

ピュリナは元々ペットケアやペットフード事業を担っていた会社でしたが、2002年にネスレに買収されました。

その後はペットブームもあり、日本でのネスレピュリナ製品が定着しつつあります。

取り扱いブランドはモンプチのほかにも、プレミアム志向のピュリナワンやピュリナワンプロプラン、安価なフリスキーなどでいずれも人気商品です。

キャットフードのイメージが強いですが、ドッグフードも扱っています。

おやつもウェットもドライもなんでもそろう「モンプチ」

モンプチシリーズは国産ならではの商品バリエーションの豊富さ、パッケージ切り替えの早さ、個包装仕様などが特徴。

人用のお菓子やスイーツ並みに切り替わるので、ついつい飼い主さんは新製品に手を出したくなってしまうことでしょう。

猫まさる
見た目や食感など人にも猫にも嗜好性を高めたものが多いので、愛猫が気に入る一品が見つかると最高のごちそうになること間違いなしです。
 
全体的にみると、ウェットのバリエーションが豊富。

おやつやドライも他メーカーの商品にはないようなこだわりがあります。

国産商品ということで取り扱いショップも多く手に入りやすいので、健康猫ちゃんにおすすめのフードといえます。

おもわずやみつき! 手ごろなモンプチドライ

モンプチドライは、個包装のちょっと贅沢なボックスタイプor食べきり小袋タイプと、一般的なジップ付きの大袋タイプがあります。

前者は7種のブレンドで味別でいくつかの種類に分かれています。

後者は5種のブレンドですがヘルシー志向、毛玉ケア用、こだわりブレンドなど特徴が。

子ねこ用、シニア猫(15歳以上)用もあります。

ジップタイプですが500g前後なので、鮮度が良い状態で食べきることができるでしょう。

とにかく種類が多いモンプチシリーズ。

まだ試したことのない方は、まずはひとつ気になるものを選んでみましょう!

モンプチ ドライ(総合栄養食)詳細

7種のブレンド
ボックスタイプ
(240g(20g×12袋))
7種のブレンド(小魚入り)
7種のブレンド(かつお節入り)
7種のブレンド(しらす入り)
7種のブレンド(かにかま入り)
7種のブレンド(白身魚入り)
7種のブレンド(チーズ粒入り)
毛玉ケア7種のブレンド(かつお節入り)
子ねこ1歳まで7種のブレンド(小魚入り)
15歳以上用7種のブレンド(かつお節入り)
7種のブレンド
プチパック
小袋タイプ(50g)
7種のブレンド(小魚入り)
7種のブレンド(かつお節入り)
5種ブレンド
パック
ジップタイプ(600g)
5種のフィッシュブレンド
5種のシーフードブレンド
5種のヘルシーブレンド
5種のこだわりブレンド
毛玉ケア5種のブレンド
子ねこ1歳まで5種のブレンド
15歳以上用5種のブレンド
特徴 種類別にこだわりのブレンド。おいしさを追求した仕様。いずれもオープン価格。
HP モンプチ公式サイト

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。