日本の猫のための国産療法食「日清ペットフード」のキドニーキープ

キドニーキープ

海外ものの療法食も人気だけれど、信頼できるのならできれば国産のものを選びたいという飼い主さんも多いことでしょう。

そんなときは日清ペットフードのジェーピースタイル ダイエテティクス キドニーキープを試す価値ありです。

スポンサードリンク



国産メーカーならではのこだわり

ジェーピースタイルのダイエテティクス キドニーキープは猫向けの腎疾患対応療法食です。

メーカーは国産ペットフードで知られている日清ペットフード。日本で暮らす猫のため、飼い主さんのために作られた国産キャットフード(獣医師専用療法食)です。

国内最大級の研究機関、研究所を持ち、そこでの長年の研究結果と動物医療機関の協力を得て、徹底した品質管理体制の下に製造された国産療法食

これだけの高い信頼性のある商品となれば、気になる飼い主さんも多いことでしょう。

しかもダイエテティクスはジッパー付きの分包タイプで、湿気を防ぎつつ鮮度保ち、いつでもおいしく食べられるように配慮されています。

使いやすさを考えたパッケージは、日本メーカーならではといえますね。

腎臓をサポートする配合

キドニーキープは、低タンパク、低リン、低ナトリウム

上限として腎臓疾患対応フードの推奨範囲を、下限としてAAFCO(成猫期)の栄養基準を定めて、その範囲内になるようにフードを製造しています。

日本の猫に好まれる魚を主原材料としているため、高い嗜好性が期待できます。

また、高い消化吸収性を誇り特許も取得している独自技術「微粉砕原料」を使用しているため、食欲低下気味の腎臓疾患の猫ちゃんの栄養をしっかりサポートしてくれます。

動物病院でのみ取り扱い

水を飲む猫

多くの海外メーカーの療法食はインターネット通販で手に入れることができますが、キドニーキープは動物病院のみとなっています。

療法食ではなく腎臓サポート系の総合栄養食(ジェーピースタイル 腎臓の健康維持サポート)であれば通販でも購入できますので、まだ腎臓の数値がそれほど悪くないということならそちらを試し、腎臓疾患を抱えるようになったら動物病院でキドニーケアを購入するといいでしょう。

ちなみに取り扱っている動物病院は公式サイト上で確認できます。全国にあるので、動物病院に行く前にぜひ事前に調べておきましょう。

日清ペットフード「ジェーピースタイルダイエテティクス」キドニーキープキャットフードの詳細

ラインアップ(2種) 500g、2.1kg
特徴 日本で暮らす猫に配慮した国産療法食。
低タンパク、低リン、低ナトリウム。
消化吸収性の良い微粉砕原料使用。通販はなく動物病院でのみ取り扱い。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。