肝疾患の猫にはロイヤルカナンの療法食「肝臓サポートドライ」

猫

猫の寿命は昔から比べると長くなっていますが、何らかの疾患に悩まされることも。

そこで今回は肝疾患用のロイヤルカナン食事療法食をご紹介。愛猫が肝臓の病を抱えるようならぜひ試してみましょう。

猫の健康を維持する専用の食事療法食

何らかの病気に悩まされるようになれば薬に頼らなければならないこともありますが、食事療法食をとりいれて調子が良くなるようなら非常にありがたいもの。

特に最近では食事のバリエーションも増え、療法食も充実してきました。

肝疾患向けはまだ少ないため、ロイヤルカナンの食事療法食は非常に頼りになります。

猫まさる
一匹でも多くの肝疾患の猫ちゃんが健康を維持できるよう配慮されたフードなので、肝疾患を抱えたらぜひ積極的に試してみましょう。

考え抜かれたフード成分配合量

ロイヤルカナンの肝臓サポートドライは、肝疾患・胆管疾患の猫向けフード。

特に消化性の高いたんぱく質を使用し、銅の含有量を制限

そのうえで十分なカロリーを摂取できるように密度を高めたフードになっています。

肝疾患の猫は肝細胞内の銅蓄積を配慮する必要があるため、標準的なフードよりも70パーセントもカットされています。

健康を維持するために抗活性酸素物質(ビタミンE、ビタミンC、タウリン、ルテイン)を配合。

食欲低下しがちな肝疾患の猫のために高嗜好性に仕上がっているのもうれしいポイント。

さらに泌尿器のトラブルを防ぐため、pHケアもされているので、高齢化や肝臓からくる他の疾患を予防するためにも優れた療法食なのです。

適したフードは獣医師に相談しよう

愛猫

複数の疾患を抱えると、いったいどのフードを選んでいいのか悩んでしまうこともあるでしょう。

療法食は基本的には動物病院専売商品となっていますが、インターネットで個人的に購入することもできます。

そのためいきなり素人判断で購入するのではなく、まずは獣医師の指示をあおいでから、継続的にそのフードを使用するということになればインターネット購入も検討するようにしましょう。

ロイヤルカナンの肝疾患向けフードは、こだわり抜かれた配合が魅力

肝疾患に悩んだらぜひこのフードの存在を思い出してみてくださいね。

「ロイヤルカナン 食事療法食 肝臓サポート ドライ」の詳細

内容量 500g/2kg
特徴 少ない食事量で必要なエネルギーを摂取できるように、高エネルギー設定。
銅蓄積に配慮した銅制限。
健康維持のための抗活性酸素物質カクテルを配合。高嗜好性でpHケアも。
HP ロイヤルカナン

コメントは受け付けていません。