消火器病・糖尿病・体重管理にはヒルズの療法食w/d

愛猫

日本で猫用療法食をたくさん扱っている会社といえば、ロイヤルカナンとヒルズがあります。

近年では症状や好みに合わせて細かく選べるほどになってきました。以下では消火器病と糖尿病と体重管理に最適のヒルズ療法食w/dをご紹介します。

スポンサードリンク



メタボ猫が増えた理由

最近療法食で多いのが、メタボリック系が原因の疾患用のフード。

人間と同じく猫も肥満からくる内臓疾患は多いのです。

猫まさる
最近はペットブームもありフードバリエーションも増え、食生活はもちろんのこと家飼い、避妊や去勢と、猫の生活スタイルも昔とは大きく変わってきました。

そういった変化に体がついていけずに、肥満による病に悩まされてしまいがちなのです。

しかし以前よりも長生きになってきていることも事実。

それだけ長生きできる研究がなされている証拠でもあります。

健康寿命を延ばすためにも、フードや生活スタイルを見直し適正体重を維持することが大切です。

肥満による疾患を抱えた猫に最適のフード

猫

肥満による疾患を抱えた猫向けのフードはバリエーションが豊富。

総合栄養食だけでなく療法食もいくつかのメーカーが扱っており、症状にあわせて適したものを選ぶことができます。

ヒルズのw/dは消火器病・糖尿病・体重管理と、肥満からくる複数の疾患をしっかりとカバー。

これなら体の不調をまとめて整えていけますね。

長期の体重管理に適した低カロリー低脂肪フードで、ストルバイト尿石が形成されにくいように調整、抗酸化成分配合で免疫力維持など、総合的な健康を意識しているところも注目です。

高食物繊維で満腹感も得られやすく、食べすぎも予防できます。

ドライも粗びきも! 選べるうれしいフードタイプ

ヒルズのw/dはドライはもちろん、ウェットも通常のものと粗びきのものがあるなど、形状のバリエーションが豊富です。

猫まさる
これなら食感でこだわりがある猫ちゃんも安心!

ほかのフードと交互に与える場合は獣医師の指示にしたがいながら、上手にとり入れてみてください。

生活習慣からくる病を意識する猫ちゃんにはまさに最適の療法食。

愛猫が肥満気味かもと感じたら、動物病院に相談するなどしてダイエットしてみてくださいね。

「ヒルズ プリスクリプション・ダイエット(療法食)w/d」の詳細

ラインナップ ドライ(500g/2kg/4kg)
ウェット缶詰(156g)
ウェット缶詰 粗びきチキン入り(156g)
特徴 体重管理・糖尿病・消化器病向けの療法食。
高食物繊維、低脂肪、低カロリー。
免疫力維持のため抗酸化成分配合、ストルバイト尿石予防。
HP ヒルズ プリスクリプション・ダイエット

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。