どうして猫はマタタビに酔うの?

マタタビと猫

猫が大好きなまたたび。まるでお酒を飲んで酩酊したようにクタクタになる姿は愛らしく、ついついあげたくなる飼い主も多いでしょう。

でも、どうして猫はマタタビに酔ってしまうのでしょうか。

またたびで酔う仕組み

またたび

またたびとは木天蓼(もくてんりょう)とも呼ばれる、マタタビ科マタタビ属のつる性木本です。

世界では極東地域にしかない珍しい植物ですが、日本では北海道から九州にまで自生しています。初夏に梅のような白い花を咲かせます。

猫の口の奥にはフェロモンを感知するヤコブソン器官という場所があります。

マタタビに含まれている「マタタビラクトン」「アクチニジン」「βフェニルエチルアルコール」という成分は猫の性フェロモンと似ているためヤコブソン器官を刺激し、それによって脳の中枢神経が麻痺を起こすので酒に酔ったような行動をするようになるのです。

キウイの木、キャットニップ、キャットハッカなどもまたたびと同じように猫を酔わせる効果があります。

またたびが自生しておらず手に入りにくい欧米では、キャットニップをかわりに使うことが多いようです。

近年ではキャットニップの苗や、乾燥した葉を中に入れたおもちゃなども手に入れやすくなっています。

効果には個体差がある

酒の酔い方は人それぞれであるように、またたびを与えたときの様子は猫によって異なります。

グデグデに酔っ払ったようにふらふらになる子もいれば、おとなしくひたすら舐めまわる子もいます。

まずは自分が飼っている猫はどんな状態になるか少量で試してみるといいでしょう。効果は20~30分くらい継続します。

またたびは性ホルモンと似ていることからもわかるとおり、お酒というよりも媚薬のようなものです。よって、性的に興奮しにくい子猫や妊娠中のメス猫、去勢済みのオス猫などには効果が出にくいです。

一般的に葉、枝、実、液体、粉末の順に効果が強くなります。

与える量には注意が必要

またたび

猫が喜んでいるからと、無闇にまたたびを与えすぎると、猫の身体を害することがあります。

またたびは脳の中枢神経を刺激し麻痺させるものです。麻痺が深刻なものとなると、意識を失ったり、呼吸困難に陥ることがあります。

安全にまたたびを与えたいなら、一度に与える量は5g程度にしましょう。小分けされているまたたびは、ほとんどが5g以下となっています。

分けられていないまたたびを使用する場合は、一度5gがどれくらいの量なのか測って理解してから与えるといいでしょう。

高齢猫や虚弱な猫の場合は、またたびの刺激についていけず身体に負担がかかることがあります。

またたびは嗜好品であり、必ず与えなくてはいけないものではありません。健康を第一に考えてください。

どうしても与えたいときは極少量だけ与え、酔いがさめるまで目を離さないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。