猫がにおわないのには理由があった!?

猫

猫は手間がかからずとても飼いやすいペットです。理由の一つに、こまめにシャンプーをする必要がないことがあげられます。

猫は基本的に何年もシャンプーしなくてもにおいません。それは何故でしょうか。

猫は待ち伏せで狩りをする

猫や犬はペット化される以前は狩りをして獲物を取って生きていました。

犬はチームワークを利用し獲物を追い詰めて狩りをするスタイルなのに対し、猫は自分だけで待ち伏せをして獲物を襲い狩りをするスタイルです。

狩りをする猫

獲物となる小動物は警戒心が強く、嗅覚に優れ、異変を察知したら瞬く間に逃げ出します。逃げ出した後追いかけても狩りは成功しません。

待ち伏せて狩りをするなら、自分の身体のにおいを極力無くさなくてはならないのです。

その習性が残っているため、いまでも猫は身体ににおいがつくのを嫌がります。

可愛いと撫でたら、さっさとにおいを消すために身体を舐められショックを受けたなんて人は多いのではないでしょうか。

起きている内の3割は毛づくろいをしている

毛づくろい

猫に舐められたら、すごく痛くて驚いたという経験はありませんか?

猫の舌にはトゲトゲした突起がびっしりはえています。この突起には体を舐めるとブラシのように被毛をとかし、抜け毛やゴミを取り除く効果があります。

人間にとって痛いのは残念ですが、猫にとってはなくてはならない部位なのです。

驚いたことに、猫は起きている間の3割は毛づくろいに時間を使っているそうです。

毛づくろいには被毛をとかし身体のにおいを消すだけでなく、体温調整、皮膚炎予防、血流促進、ストレスの緩和などの効果があります。

猫はいいにおいと感じている人が多い

猫はにおわないといいましたが、これは不快なにおいがしないという意味です。

じつは、かすかに甘いにおいや太陽に乾した布団のにおいがすると、虜になる飼い主は多いです。

これは、猫が日光浴が好きであることが原因です。

紫外線で身体を殺菌し、被毛をふかふかにすることで独特の安心できるにおいになるようです。

におう場合は病気の可能性も

猫

このように、猫は常に身体を清潔に保つ習性があります。

もしも急に猫がにおいだしたら、病気の可能性があるんで注意してください。

いつまでも続くようだったり、元気がないようでしたら、早めに獣医の診察を受けましょう。

また、高齢猫の場合は自分で身体の手入れができないことがあります。そういった場合は、飼い主が猫用のシャンプーシートや濡れたタオルなどで身体を拭いてあげるといいでしょう。

長毛種の場合は、お尻まわりを汚してしまい、うまくグルーミングができない子もいるようです。

その場合も飼い主が手伝ってあげるか、思い切ってお尻まわりの毛を短くカットしてあげることでにおいを無くし、清潔に保つことができます。

コメントは受け付けていません。