猫はとても鼻がいいって本当ですか?

猫の嗅覚

嗅覚が鋭い生き物といわれたら、多くの人は犬を思い浮かべるのではないでしょうか。

けれど、犬ほどではありませんが、猫の嗅覚もとても発達しています。

スポンサードリンク



猫にとってにおいはとても重要

犬の嗅覚は人間よりも100万~1億倍ほど優れているますが、猫は1~10万倍は優れています。

猫の鼻

猫は夜に目がピカピカ光り視力が良さそうなイメージがありますが、じつは止まっているものや正面のものは見えずらい構造をしているため、人間の1/10ほどの視力しかありません。

味覚も人間が六種類の味を感じるととができるのに対し、猫は「しょっぱい」「酸っぱい」「苦い」程度しか感じることができません。

これの少ない感覚を補っているのが嗅覚です。

食べられるものかどうかの判断、テリトリーの主張、猫同士のコミュニケーションはほとんどにおいによって行われます。

猫の身体は臭腺だらけ

猫

猫にとってにおい=フェロモンはとても大切なものです。

あちこちにスプレーをしたり、顔や身体を擦りつけたりするのは、自分の臭腺からでたフェロモンをつけ、自分のものや場所だと主張するためです。

わたしたちの鼻ではほとんど嗅ぎ取れないようなにおいでも、猫にとってはたくさん情報がつまっていることがあります。

猫の臭腺があるのは、耳の下の毛の薄い部分、両頬、あご下、爪の生え際、肛門、尻尾です。

肛門線からでる強烈なにおい以外は、人間の鼻ではほどんど感じることができません。

フレーメン現象とは

猫の口

性フェロモンを感じると、猫は口を半開きにしてトロンと視点が定まらなくなるなんともいえない表情をします。

これはフレーメン反応と呼ばれる現象で、歯の奥にあるヤコブソン器官で、よりフェロモンをしっかり分析しようとするため、このようなおかしな表情をしてしまうのです。

猫好きなら、フレーメン顔が好きという人も珍しくはないのではないでしょうか。それだけ不思議な愛嬌のある表情をします。

フェロモンに似たにおいや、独特の強烈なにおいがするものには、フレーメン反応を起こしやすいです。

一般的に、使用済みの靴下、洗剤、歯磨き粉、またたび、サルナシ、キウイなどを嗅ぐとフレーメン反応が起こりやすいようです。

ライオンやトラなど大型の猫科動物や、馬などもフレーメン反応をします。

においつけは大好きのサイン

外から帰ってきたり、お風呂から上がると、猫がスリスリと身体を擦りつけてくることがあります。

これは消えてしまった自分のにおいをつけなおして、「飼い主は自分のもの」と主張しているのです。

嫌いな人には絶対に行わないので、愛されているのだと、気の済むまでにおいをつけさせてあげましょう。

猫の顔にある臭腺から出ているフェイシャルフェロモンは、とくに猫を落ち着かせる効果があります。また、猫は顔の臭腺付近を撫でられると気持ちいいようです。

コミュニケーションもかねて、耳の下・頬・アゴなどを優しくマッサージをしてあげると喜ばれます。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。