猫の写真を撮るコツとは?

猫の写真

動く被写体を撮ることは、難しいものです。ましてや言葉が通用しない猫という動物。著者自身、専門的な知識は持ち合わせていませんが、猫の写真を撮影してきた経験上で効果的だと思える撮り方をご紹介します。

※ここでご紹介するのは、一眼レフなどの高価なカメラではなく、スマホなど搭載されている程度の画質です。

カメラに慣れさせること

まずはカメラに慣れるということ、これは1番の基本ではないでしょうか?人間にも写真を撮られることが嫌いだという人がいるように、猫にも同じことがいえるでしょう。

猫がカメラに慣れるためには、やはり子猫という柔軟性がある時期から慣れ親しむことが大切ですね。ですが、必ずしもそれが出来るとは限りません。

成猫

もしも成猫を撮影したい場合、なるべく意識をさせないように、ゆっくりと近づいてください。

あまり近づき過ぎると、警戒心が強い猫は逃げてしまうことでしょう。もしかしたら猫パンチをしてくるかもしれません。

適度な距離でシャッターチャンスを覗い、タイミングを見計らいます。

嫌がる素振りを見せたときは、撮影を中止したほうが賢明です。

ピントは目に合わせる

猫

最近のカメラは優れているものばかりで、簡単な操作で自動的に被写体にピントを合わせることができます。

撮影する際は、目にピントを合わせることをお薦めします。

必ずしも目にピントを!という訳ではありませんが、ピンボケに見えない効果的な撮り方の1つです。

動きのある撮影も素晴らしい

猫

きちんと座ってのおすまし顔の猫の姿は、可愛らしいですよね。ですが、じゃれている姿の猫、これもまた素晴らしい写真が撮れます。

  • 猫じゃらしで遊んでいる姿
  • 高いところに飛び乗る姿

躍動感あふれる写真もまた乙なものでしょう。カメラによってはピントがボケたりしますが、それもまた良い演出です。

一眼レフカメラを所持している人は、このような動きのある写真を、効果的に魅せる方法で撮っているのではないでしょうか?

背景・構図を考える

猫と青空

背景に何が写っているかによって、猫の際立ちに違いが出ます。

例えば、洗濯物でゴチャゴチャな背景よりも、ボストンバックが1つ置いてあるほうが絵になります。日常の風景を描く場合は洗濯物もありかもしれませんが、なるべくなら背景が奇麗なほうが猫の姿がひときわ輝くでしょう。

また、構図も大切です。常に写真中央に配置する撮り方は、少しインパクトに欠けるのではないでしょうか?

写真撮影とは奥深いものがありますので、専門的なことは分かりませんが、基本的な考え方としてお伝えします。

画面を縦横3分割してみてください。9分割した画面上で、どこに猫を配置するかによって見え方が変わってきます。

分割した線が交差するポイントに配置すると安定した構図になるともいわれています。

コメントは受け付けていません。