意外と知らない?!猫の食事で気をつけることとは?

猫

猫を飼っている人から話を聞くと、エサの悩みをよく耳にします。

猫は気まぐれで、好みも様々です。健康的な食事をしてもらうためには、飼い主はどんなことに気をつければいいのでしょうか。

スポンサードリンク



同じエサばかり食べたがる猫のほうが多い

人間ならば毎日同じメニューでは飽きてしまいますよね。猫もそうだろうと考え、毎回与えるエサをコロコロ飼える飼い主がいます。

ところが、これは余計なお世話であることが多いのです。

というもの、猫は新しいものに対して恐怖心を持つネオフォビアという性質を持っているからです。

できるだけ馴染んだ同じものだけを経験して生きていきたいという欲求があります。そのため、猫の中には頻繁にエサを変えるだけでストレスを感じてしまう猫も珍しくないのです。

エサを切り替える場合は、古いエサに新しいエサを少しずつ混ぜて慣らしていくなど、猫の負担を減らす対策を行うといいでしょう。

新しいエサに抵抗がない猫だった場合も、あまり要求を聞いてばかりいると、わがままが酷くなって普通のエサを食べてくれなくなるので注意してください。

エサ場と水場は離したほうが理想的

水

犬や猫を飼っていると、エサと水はセットで一緒に置かれていることが多いです。

えさを食べながら水を飲めるんだからいいじゃないかと思う人もいるでしょう。けれど、じつは猫にとってはこれは不自然な状態です。

自然界にいる猫は狩りをしてネズミや鳥などの小動物をエサとしています。水に濡れることが大嫌いなので、自分で魚を取るなんてことはありません

元々エサと水が一緒に手に入るなんてことはありえない状況なのです。

普通の猫は、エサと水が隣に存在することに慣れてしまいます。

ところが神経質でエサや水を摂りたがらない子の場合は、エサと水の距離の近さがネックになっていることがあるので、離して設置してあげましょう。

また、猫はとてもきれい好きなので、口に入るものがある場所とトイレが近いと嫌がる子はとても多いです。エサ場や水場はトイレからなるべく離して設置しましょう。

エサ皿は浅めが好まれる

なんでもいいだろうと思われがちなエサ皿ですが、じつは猫の食欲に大きく関係していることがあります。

神経質な猫や警戒心が強い猫の場合は、浅いエサ皿じゃないと嫌という子もいるようです。

というもの、深めの器だと、エサを食べるときにヒゲが触れてしまいます。

猫にとってヒゲはとても重要な器官でセンサーのようなものです。

エサを食べるためとはいえ、何かに触れてしまうのは不快だと思うようです。

また、皿が深いと顔を器の底まで入れるので、周囲の様子を観察することができません。

警戒心が強い猫の場合、それが怖いと感じ食欲が落ちたり、手でエサをすくって外に出してから食べるなどするようになります。

エサ皿は大きめの浅いものを選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。