猫の食事の時間は決めたほうがいいの?一日に何回あげたらいい?

猫のご飯事情

猫カフェや猫のイベントなどに行くと、常にエサ皿にキャットフードが山盛りになっているのを見かけることがあります。

家庭で飼っている人の中にも、ドライフードは常に出しっぱなしという人も珍しくはありません。

猫にエサを与えるときには、どのようにするのがベストなのでしょうか。

出しっぱなしにはリスクがある

飼い主にとっては、キャットフードを出しっぱなしにしたほうがエサを毎回与える手間が省け、とても楽です。

猫の中にはムラ食いといって少しつづ時間をかけて食べることを好む子もいます。

けれど、猫の健康のことを考えたら、エサの置きっぱなしはあまりいいとは言えません。

出しっぱなしで猫が好きに食べる状態では、一日にどのくらい食べているのかわかりずらく、管理がしにくいのです。

小食すぎて栄養不足になったり、逆に肥満になりやすくなります。

また、ウエットフードは短期間でも出しっぱなしにすると傷みやすく、ドライフードも酸化したりにおいが飛んでしまったりします。

衛生面の観点からも、あまりエサの置きっぱなしはおすすめできません。

大切なのは一日に与える量

猫の缶詰

成猫の場合は、一日に二回の食事で十分だとされています。子猫や老猫の場合は体格や身体の状態をみて3~4回くらいを目安に調節してください。

とはいえ、これは目安です。一日に与える量をきちんと守るのであれば、回数は多少増やしても問題はありません。

すぐにエサをねだる子や肥満猫の場合は、量は増やさずエサの回数のみを増やして、空腹になる時間を減らすといいでしょう。

あまり空腹の時間が長いと、身体が脂肪を溜め込みやすくなるとも言われています。

猫を肥満にしないためには、子猫から成猫になる頃にきちんと食事の量と回数を減らすことが大切です。

すでに身体ができあがっているのに、可哀想だからと子猫のエサを与えていると、肥満になったり、それによって病気になってしまうので、切り替えはしっかり行いましょう。

エサを与える時間は固定がいい

時計

気ままなイメージの猫ですが、じつは案外時間通りに行動していることが多いです。また、エサの時間が決まっていると理解すれば、よほどお腹がすかない限り他の時間にねだってくることもありません。

逆にいつエサが出てくるかわからない状態だと、おねだり癖が酷くなることがあります。なので、できればいつも同じ時間くらいにエサを与えるといいでしょう。

あなたが無理なく毎日与えられる時間帯であげてください。


このように、毎回飼い主の手からエサを与えることにはメリットがたくさんあります。置きっぱなしにするよりも、信頼関係も深まりやすいです。

また、猫はエサを食べる様子からも異常を発見できることがあります。食べにくい仕草をしていたり、食べる食事の量が急に減ったなどの様子が見られたら、注意が必要です。

いつまでも改善が見られないようでしたら、診察を受けてください。

コメントは受け付けていません。