猫に食べさせてはいけないもの

愛猫

猫は肉食動物ですが、育ってきた環境によっては肉以外のものも食べたがる子がいます。

しかし、中には健康を害してしまうものもあるため、むやみにペットフード以外の食べ物を与えるのは危険です。

危険度別に、猫に与えてはいけない食べ物を見てみましょう。

危険度 高

玉ねぎ

ネギ類

タマネギ、長ネギ、ニンニク、ニラ、らっきょう、エシャロットなどです。

ネギ類に含まれているアリルプロピルジスルファイドという成分は、猫の赤血球を破壊してしまいます。

食べると溶血性貧血となり、ときには死亡してしまうことさえあり、とても危険です。

ハンバーグなどの中にはみじん切りにされたタマネギが入っていますし、ニンニクは香りづけや隠し味のためにさまざまな料理に入れられていることが多いので、注意が必要です。

カカオ、チョコレート

カカオに含まれているデオブロミンは、猫の体内に入ると中枢神経を刺激し、体調を崩させます。

急性心不全で亡くなることもあるので、絶対に与えないでください。

チョコレートはカカオ含有量が多いものほど危険となります。

不整脈、痙攣、嘔吐、下痢、呼吸困難などが起こります。

アボカド

アボカドに含まれているペルジンが中毒症状を引き起こします。

下痢や嘔吐が起こり、死亡することもあります。

ペルジンはアボカドの実だけでなく、皮や種子、葉などにも含まれています。

調理のためにくり抜いたアボカドの種子をそこらへんにおいておくと、おもちゃと勘違いして猫がいたずらしてしまう可能性があるので、気をつけてください。

ぶどう、レーズン

まだ理由は解明されていませんが、ぶどうやレーズンを猫に与えると、腎機能障害や嘔吐し、ときには死亡することがあります。

原因ははっきりせずとも、与えないようにしてください。

危険度 中

珈琲豆

カフェイン

人間が飲むと眠気が消えてすっきりするカフェインですが、猫が飲むには強力すぎます。

神経異常を引き起こすため与えないでください。

体重1kgあたり150mg以上カフェインを摂ると、死亡してしまいます。

アルコール

猫の身体はアルコールを分解できません。

下痢、嘔吐、昏睡、内臓の機能障害などが起こるため、飲ませないようにしましょう。

生の豚肉

加熱していない豚肉にはトキソプラズマという寄生虫が潜んでいることがあります。

寄生されると下痢や目の障害などが起こります。

猫の排泄物の処理などから人にも感染するので、絶対に加熱していない豚肉は与えないようにしましょう。

サザエ、アワビ

昔から「猫がアワビを食べると耳が落ちる」と言われてきました。

アワビやサザエに含まれているフェオファーバイドという物質は、光線過敏症を引き起こします

皮膚の薄い耳に症状が出やすく、最悪の場合壊死してしまうことあるのです。

危険度 低

卵

生卵

生卵に含まれているアビジンは、ビタミンBの一種であるビオチンを分解してしまいます。

一度に大量に食べると皮膚炎や結膜炎になることがあるので、与えるときは必ず加熱してからにしましょう。

青魚(アジ、サバ、イワシ)

たくさん食べすぎると、体内の脂肪が酸化して黄色脂肪症となり、身体にしこりができます。

食べ過ぎなければ青魚は猫の身体にいい食材ですので、与える量には気を配りましょう。

イカ、タコ

消化に悪いため、食べすぎると消化不良を起こします。また、生のイカの内臓はビタミンB1を分解する酵素が含まれているため危険です。

歩行困難を起こしたり、てんかん発作を起こすことがあります。

コメントは受け付けていません。