同じキャットフードしか食べないけれど大丈夫?

猫とご飯

猫は好みにとてもうるさく、中には気に入ったエサしか頑として食べようとしない子もいます。

飼い猫の好みに振りまわされる飼い主は昔から多いようです。

スポンサードリンク



総合栄養食なら大丈夫

猫の嗜好は子供のうちに何を与えていたかで決まります。

その頃に同じキャットフードしか与えなかった場合、他のキャットフードを受け付けなくなることが多いです。

キャットフード

しかし、毎日同じものしか食べないからといって、心配する必要はありません。総合栄養食であれば、フードと水だけで猫に必要な栄養素を十分に摂取する事が可能です。

とはいえ、猫は年齢によって合うフードが異なります。

シニア期に入ったら、年齢にあったエサに切り替えなくてはいけません。また、もしも今食べているフードがリニューアルされたり製造中止になった場合、食べられるものがなくなってしまいます。

そのため、一つのエサだけに固定せず、できれば数種類は食べられるフードを見つけておいたほうがいいでしょう。

与えるエサには注意が必要

キャットフード

一般食やおやつ、人間の食事などは、たくさん食べると栄養が偏ってしまいます。まして、毎日そればかり食べるような癖がついてしまうと、病気の原因になってしまいます。

毎日主食として与えるのは総合栄養食だけにしてください。

また、人間の食事は塩分が濃かったり、猫の体にとっては有害なものがあります。人の食べ物を与えるのは止めるようにしましょう。

食へのこだわりが強い猫の場合、そういったものを気に入ってしまうと、体調を崩してまでも総合栄養食のキャットフードを食べようとしない子もいます。

おかしな癖をつける前に、飼い主がきちんと食育をしてあげることが大切です。

キャットフードを変えるときの注意

キャットフード

猫は新しいものを恐れる習性があります。元々野生の動物なので、そうして警戒し身を守ってきたのです。

よって、いきなり新しいエサを与えても食べてくれない猫もいます。

あなたが「うちの猫は同じものしか食べない」と思っているのは、エサの切り替えを失敗しているからかもしれません。

エサを切り替えるときは、まずはこれまで食べていたエサに、少しだけ新しいエサを混ぜて慣れさせます。気にせず食べるようでしたら、時間をかけて少しずつ新しいエサの分量を増やしていきましょう。

10日以上かけてゆっくり切り替えていくのが理想です。

猫によっては、フードの中に入っている添加物や成分が合わない場合もあります。

一度くらいの嘔吐は猫の習性上よくあることなので心配ありませんが、何度も嘔吐したり、軟便や便秘になる場合はエサの切り替えを中止して様子を見てください。


いかがでしたか。このように、同じエサばかり食べていてもすぐに心配する必要はありません。

まずは自分の猫がどのような食の好みをしているのか理解し、猫に合ったフォローをしてあげましょう。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。