うちの猫は甘いものが好きだけどあげても大丈夫?

猫のぼやき

たまに「うちの子は甘いものが好きなのよ」という話を耳にします。

猫は肉食動物ですが、人と生活するうちに甘いものを好んで食べたがるようになる子もいるようです。

可愛いと嬉々として甘いものをあげている飼い主さんもいるようですが、大丈夫なのでしょうか。

スポンサードリンク



猫は甘さを感じない

プリンやアイス、アンコなどを好む猫が多いようですが、じつは猫の舌には甘さを感じるセンサーがついていません。

猫は人間のように甘いものが好きだからそれらを食べているわけではないのです。

猫

猫がわかるのは「しょっぱい」「酸っぱい」「苦い」程度です。

もともと、猫はたんぱく質からエネルギーを得られるようにできています。糖分(炭水化物)はまったく必要ではなく、食べなくても問題はありません。

猫が甘いものに反応するのは、製造時に使用されるバターやミルク、食感や香料に惹かれているからです。

猫は、においや歯ざわりで好きか嫌いかを決めていると推測されています。

猫によっては、飼い主が食べているものなら自分も食べたいと思う子もいるようです。

食べるからといって与えてはいけない

甘いものは高カロリーであることが多く、与えてしまうと猫が肥満なりやすくなります。

少量なら問題のないものもありますが、甘いものばかり好みキャットフードを食べなくなると問題です。摂取してる栄養のバランスが崩れれば、いずれ体調に問題が出てくるでしょう。

糖分を摂取すると血糖値が急激に上がりすぎるため、インスリンの分泌に問題が生じ、糖尿病になりやすくなります。

また、甘味には甘さを引き立たせるため塩がたくさん使われているものもあります。

猫は塩分を排出しにくいため身体に溜めこんでしまうので、健康によくありません。よって、強請られても甘いものは与えないほうがいいでしょう。

猫の好みは、生後3~6ヶ月までに何を食べたかで決まるとされています。

その時期までに一度も甘味を与えなければ、猫は甘いものを見ても食べ物と認識せず、興味を示さなくなります。

一度味を覚え気に入ってしまうと、あなたがおやつを食べているたびに自分も欲しいと強請るようになこともあります。

猫のためにも幼児期の食育はしっかり行いましょう。

チョコレートには特に注意!

チョコレート

たまにチョコレートをあげている人がいますが、猫にとっては毒なので絶対に止めてください。

チョコレートに含まれているテオブロミンを摂取すると嘔吐、下痢、けいれんなどが起こり、時に死亡してしまいます。

チョコレートの種類によって、どれだけテオブロミンが含まれているかには差がありますが、一般的な板チョコなら一枚全部を食べても死亡する危険は低いです。

けれど、毒を体内に入れてしまうことには変わりません。

猫がチョコレートを食べてしまったとわかったら、すぐに獣医の診察を受け、体内にあるチョコレートを取り出してもらってください。

事故が起こらないよう、チョコレートは猫の届く範囲に置いておかないようにしましょう。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。