猫が好きな味ってどんなもの?

猫のご飯

猫は好き嫌いが激しい子が多く、好みのエサを見つけるため四苦八苦しているという飼い主さんも珍しくありません。

それに、どうせなら喜んで食べる好みエサを与えたいですよね。猫が好む味って、どんなものなのでしょうか。

スポンサードリンク



キャットフードに魚系の味があるのは日本特有

野良猫

日本では猫といえば魚が好きというイメージがあります。野良猫が魚をくわえて逃走なんて曲もありますよね。

けれど、じつは猫が魚を食べる国は多くはありません。猫は水に濡れることを怖がるので、本来なら自分で魚を取って食べることはありえないからです。

日本は四方を豊かな海に囲まれているせいで、昔から魚を中心とした食文化が発達してきました。

以前は、猫には人間の残り物をあげる風潮があったため、日本の猫は魚を食べるようになったのです。とはいえ、一般的に魚の味よりは肉の味のほうが猫に好まれやすいです。

特に近年になってから日本に入ってきた洋猫の血を濃く注いでいる猫は、その傾向が強いです。魚系の味を嫌がるようでしたら、チキンやターキーなど肉の味のエサに変えてみてください。

煮干しにはマグネシウムが多いため尿路器官に異常をきたすことがあり、青魚は食べすぎると黄色脂肪細胞症となることがあるため、魚そのものをエサとして与えるときは注意が必要です。

贅沢には気をつけて

最近では、嗜好性に富んだキャットフードがたくさん売られるようになりました。ウエットフードの中には、人間が食べてもおいしそう、なんてグルメなものまであります。

猫がエサを食べないからと、どんどんエサのグレードを上げていく人がいますが、すると猫は普通のエサを食べなくなってしまうので、気をつけましょう。

毎日与えても財布が傷まない程度のエサを選んでください。

また、嗜好性の強いエサの中には、栄養バランスが悪いものもあります。一般食と書かれているキャットフードは、栄養バランスが整っていないものです。

そういったエサは、おやつやご褒美に少しだけあげる程度にしてください。

猫はにおいが強いものが好き

猫のご飯

じつは猫の舌は人間ほど発達していません。どうやら歯ざわりやにおいで選んでいることが多いようです。

以上の理由から、開封から時間がたったキャットフードは、においが飛んでしまうので、猫にとってはそそられないエサになるようです。

ウエットフードは開封したその日のうちに食べきるようにしましょう。ドライフードの場合は密封容器などに入れ、酸化や劣化を防ぎ、2週間くらいで食べきるのが理想です。

お得だからと大容量のキャットフードを選ぶのではなく、食べきれる大きさのものや、小分けにされたものなど、鮮度を保ちやすいものを選ぶといいでしょう。

また、フードによって配合されている栄養バランスはそれぞれ違うため、一度にいろんなエサを混ぜて与えてしまうと、必要な栄養が取れなくなってしまうことがあります。

混ぜることなく、同じエサを与えるようにしてください。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。