猫はどうしてお風呂の水を舐めたがるの?

愛猫

身体を洗われるのは大嫌いなのに、お風呂場に行くことは大好きという猫は珍しくありません。気がつくと、飼い猫がお風呂の水を舐めていたなんて場面を目撃した人も多いでしょう。

なぜ猫はお風呂場の水を舐めたがるのでしょうか。

スポンサードリンク



1.自然界ではエサと水は別の場所にある

水

エサ皿の隣に、水を用意していませんか。猫はもともとは野生生物です。エサは自分で狩って食べていました。

自然の中で暮らしていれば、エサと水が同じ場所に存在してるということはほとんどありません。動物の死骸が浸かった水は不衛生で、飲むと病気になる危険性もあります。

そのため、じつは猫はエサと離れた場所にある水を好むのです。

2.温かい水が好き

猫と水

猫は冷たい水よりもぬるま湯を好むことが多いです。そのため、人が入った後の残り湯は、猫にとっては好みの温度の水なのです。

3.カルキが抜けている

猫と水

人間でもカルキくさい水は飲みたくありませんよね。猫の嗅覚は人間数十万倍も優れています。私たちにとっては無臭でも、猫にとっては薬くさい水であることがあるのです。

お風呂の水は、しばらく放置してカルキが抜けていることが多く、猫にとっては飲みやすいのです。

4.大きい器に入った水が好き

猫と水

猫のひげは、周囲の状態を察知するセンサーの役目を果たしています。ところが、狭い器で水を飲むとヒゲが器のふちに触れてしまい、センサーの役割を果たさなくなってしまうのです。

そのため、ヒゲの心配をしなくていいお風呂場は、猫の好みの水場となります。

お風呂場は危険が一杯

じつは、家庭内で起こる事故の多くはお風呂場で起こっています。

水が飲めて温かいお風呂場は猫が好むことが多く、そのせいで水の張った浴槽に落ちる事故が頻発しています。

ときには溺死してしまうこともあるため、猫を飼っている家庭では注意が必要です。

浴槽に蓋をしていても安心はできません。猫が飛び乗った拍子に、蓋がはずれ水没してしまった事例もあります。

浴槽は空にするか、水を張るなら猫の立ち入りは禁止するようにしましょう。

浴槽の水はよほど放置して汚れていない限りは、少々飲んでも問題はありません。

水を飲まない子は逆に利用する

猫の中には水を飲みたがらない子がいます。そのため、飼い主の中には四苦八苦してなんとか水を飲ませようと日々頭を悩ませている人も少なくありません。

そんなときは、猫の風呂場好きの習性を、逆に利用してみてはいかがでしょうか。

お風呂の水を飲ませることに抵抗があるのなら、一度沸騰させて適温まで冷ましたお湯を浴室に置いてみましょう。

器は、ヒゲが触れない大きな皿や、風呂桶を使うといいでしょう。もちろん事故防止に、浴槽の水は抜いておくようにしてくださいね。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。