猫の夜鳴きを止めさせるのはどうしたらいいの?

猫の夜鳴き

犬と違ってあまり鳴かないイメージの猫ですが、じつは夜鳴きに悩まされているという飼い主はたくさんいます。

特に集合住宅で飼っている場合は、ご近所トラブルの元になってしまうこともあるため、なんとか止めさせたいですよね。

猫が夜鳴きをする原因

大きな声でミャーミャーと鳴き続ける夜鳴き。でもじつは、猫は普段そんなに鳴き声をあげない生き物なのです。

猫の夜鳴き

犬は集団行動をするため、互いへサインを送る必要があるので鳴き声をあげます。一方の猫は単独で生活し、狩りも一匹で行うため、本来はあまり鳴きません。

ではどうして鳴くのかといえば、なにか満たされない欲求を抱えていて、飼い主に叶えてほしいからです。

「遊んでほしい」「トイレ掃除をしてほしい」「お腹が減った」「家具の配置が気に入らない」など、要求はさまざま。

子猫の場合は母親を呼ぶために鳴いていることもあります。また、野良猫を飼いならし中だったり、引越しした後は、環境の変化に戸惑い夜鳴きしやすいです。

老猫の場合は認知症や耳が遠くなったせいで鳴いていることがあります。7歳を過ぎてから特に環境が変わらないのに夜鳴きするようになった場合は、獣医に相談してみましょう。

夜鳴き対策

まずは、猫が夜鳴きで何を訴えているのか理解する必要があります。とはいえ、まさか猫に尋ねるわけにもいきませんよね。

そこで、「エサ」「水飲み場」「トイレ」「寝床」など周辺環境が満足のいくものになっているか考えてみましょう。

猫

猫はとてもきれい好きで神経質なため、掃除をサボっていたり、これまで使用していたものと交換したりすると、不満を持ちやすいです。

また、一匹でいることが好きなイメージのある猫も、飼い主とのコミュニケーションを好みます。一日10分でもいいので毎日遊んであげましょう。

スキンシップをかねて、短毛種なら一日1回、長毛種なら一日2回のブラッシングを行ってください。

寂しさや退屈で鳴いていた猫なら、触れ合いを増やすことで、夜鳴きを止めることがあります。

夜鳴き解消の注意点

猫のまなざし

不満でストレスが溜まり訴えているわけですから、叱って夜鳴きを止めさせようとしても、かえって逆効果になります。

訴えを聞いてもらえないストレスから、さらなる問題行動を起こす子もいるので、叱るのは止めてください。叩くなどの暴力もいけません。

エサをねだって鳴いている場合は、与えすぎて太らせないよう注意が必要です。他のエサの量を減らして、その分を夜食にまわすなど、一日の総カロリーが増えすぎないよう調節してください。

寂しくて鳴いている場合は、鳴いてからかまうようにすると、猫は「鳴く=かまってもらえる」と覚えてしまい、かまってほしくなったら鳴き続けるようになってしまいます。

昼間など鳴き出す前にたっぷりとかまってあげ、不満を解消してあげましょう。

コメントは受け付けていません。