猫をしつけるには

猫のしつけ

生き物ですから、ときに猫もいたずらや失敗をします。そういうときはきちんとしつけ、それがいけない行為だと理解させてやらなくてはいけません。

しかし、犬などと違って主人に服従するという性質がない猫は、とてもしつけにくいです。

では、猫をしつけるためにはどうしたらいいのでしょうか?

スポンサードリンク



叱るときは現行犯でなくてはならない

猫

たとえば、留守番中にボックスティッシュにいたずらして、ボロボロにしてしまったのを見つけたとしましょう。

二度とやらないように叱りたいでしょうが、その場に猫がいないのなら、いまさら叱っても意味がありません。

少し前のことでも、時間が経つと猫は忘れてしまっています。後から怒っても、どうして怒られているのか猫には理解できないのです。

そのため、叱るなら現行犯のときでなくてはいけません。

日によって態度を変えない

猫

可愛いから今日は叱れないな、など日によって態度を変えてはいけません。それでは、猫は何が駄目なのか理解できなくなってしまいます。

駄目なものはいつでも駄目と、きちんと統一してください。

怒るときは名前を呼ばない

叱るときに名前を呼んではいけません。そうすると、名前=叱るときの言葉とインプットされてしまい、名前を呼ぶと逃げるようになってしまいます。

名前を呼ぶのは良いことをしたときや楽しいときだけにしましょう。

天罰を使う

猫

あまり怒ってばかりいると、自分に不快な思いばかりさせる人として、猫から嫌われてしまいます。そこで、そういう時は天罰をうまく利用しましょう。

「これをすると飼い主が怒る」とインプットするのではなく、「これをすると悪いことが起こる」とインプットさせるのです。

悪いことをしようとしたら、猫が嫌うことをします。大きな音を立てたり、霧吹きで水をかけるなどが効果的です。

自分がやっているとバレてしまうと、嫌なことをする人として嫌われてしまうため、見つからないようにこっそり行いましょう。

飼い主が気をつけてあげる

猫とパソコン

猫ですから、悪いことをしようと思って行っているわけではありません。人の都合で、そうして欲しくないだけなのです。

ですから、こちらもできるだけ叱らなくてもいい工夫をしましょう。

  • 猫が漁りそうなものや人の食べ物はしまっておく
  • 倒されたり落とされて困るものは置き場所を工夫する
  • 猫が入れない部屋を用意して壊れそうなものや貴重品はそこだけで使う

などすれば、お互いにストレスなく生活することができます。


いかがでしたでしょうか。このように、猫をしつけるにはいくつかコツがいります。

猫の知能は2~3歳児と同じ程度です。一度や二度で理解してくれるものではありませんので、じっくり時間をかけるつもりで気長に行ってください。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。