飼い主にスリスリしてくるのはなぜ?

スリスリ猫

スリスリとすり寄ってくる人懐っこい猫に出会ったことはありませんか?

このような猫のスリスリする行動は、何を意味するのでしょうか?

「これは自分のものだ」との主張する表現

人間と距離感を保ちたい猫にとっては珍しいのですよね。ですが、これでもかというぐらい、誰にでもスリスリと身体をこすりつける猫も稀にいます。

スリスリする猫

猫のスリスリは一見甘えてるように見えますが、実は「これは私の所有物だ。」というマーキングをしているのだといいます。

マーキングとは、犬の散歩中などで電柱などに尿をかけるという行動です。

猫は基本的に何かに対して尿をかけることはしませんが、それをスリスリという行動で示すのです。

人間の嗅覚では、猫の体臭はさほど感じるものではありません。ですが猫には、頬の辺りや顎などの顔周辺から、肛門や肉球・しっぽなど至るところに臭線という気管があります。

そこからフェロモンとも言われているニオイのある物質をを分泌しています。このフェロモンを自分のものだと主張したいものにスリスリ行動でつけているのです。

飼い主にスリスリするのは、飼い主は私のものと周囲に言いまわっている表れなのでしょう。

誰構わずスリスリするのは、「お前のものは俺のもの。俺のものは俺のもの。」だという、ジャイアン気質の、ちょっと欲張りな猫なのかもしれませんね。

スリスリされるのは好きではない

スリスリする猫

自分のものだとスリスリしてくる猫ですが、逆にそれをされるのはあまり好きではありません。

人間からスリスリすると、その部分をこれでもかってぐらいに舐めて、ついたニオイを消そうとする行動を取るでしょう。

「相手を振り向かせるのは好き。でも言い寄られるのは嫌い。」

何となく小悪魔的な女性を連想してしまいませんか?そのようなところが、猫の魅力なのかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。