猫の鳴き声:「ニャー」…なんて言ってる?

鳴く猫

猫の感情は、ないように見えますが、かなりはっきりとしています。その感情を言葉で表現することもあるのです。

人間は外国語が分からなくても、その時の状況やジェスチャーで理解できたりするものですが、猫語も同様ですよね。

ニャーニャー

猫

「ニャーニャー(飼い主さん!ご飯ちょーだい!)」
「ニャーニャー(飼い主さん!トイレ汚いよ!奇麗にして!)」

人間になにかを求める時にこのような鳴き方をします。

ニャ

猫

「ニャ(はい!)」

名前を呼ぶと、時々こんな鳴き方をしますが、呼ばれて返事をしていると考えてよいでしょう。

シャャャー

怒る猫

「シャャャー(怒るよ!)」

相手を威嚇する時に使う鳴き声です。このような興奮状態な時は、たとえ飼い主でも引っかかれたりすることもあるので注意が必要です。

少し離れて、落ち着くまでは温かく見守ってあげましょう。

ウ~ッッ

うなる猫

「ウ~ッッ(近づくな!)」

ご飯を食べていたりする時に近づくと、唸るような鳴き方をされる場合があります。また、怖いものに対して怯んでいる時にもこのような鳴き方をする時があります。

近づくなという表れですので、これもまたそっとしておいてあげましょう。

ウニャウニャ

猫

「ウニャウニャ(スズメだー!)」
「ウニャウニャ(お布団の上、楽しい!)」

動くものを見つけた時や、楽しい時の鳴き声です。この鳴き声を聞くと、なんだかこちらまで嬉しくなってくるような気がしますね。

コメントは受け付けていません。