猫がシッポを振るのには意味がある

猫のしっぽ

犬は嬉しい時・喜んでいる時、シッポを振るという分かりやすい表現をします。ですが、シッポを使って表現するのは何も犬だけではありません。猫のシッポは、かなり表現力が豊かです。

猫と一緒に暮らしている飼い主は、この表現はとても共感できるものではないでしょうか?

スポンサードリンク



シッポを《ピンッ!》と立てている

猫

「飼い主さん!ご飯ほしー!」
「飼い主さん!遊んでくれ!」

このように、なにかおねだりしている気持ちの表れとして立てています。

シッポを立てる仕草というのは、元来子猫が親猫に甘える時にする仕草といわれています。ですので、これは飼い主に何か甘えてものをいう言動なのです。

また、興奮した時にこの仕草をすることもあります。

「あー!獲物だ!」

こんな時にちょっかいを出すと、引っかかれる可能性も否めないので注意をしましょう。

プンプンと振っている

白猫

気分が悪い時に、このようにシッポを振る仕草をします。

「飼い主さんに怒られて気分わるいよ…。」

いじけた気持ちであるかもしれません。この場合は、もしかしたら反抗心も芽生えているかもですね。

折りたたんで隠している感じ

猫

猫がちょっとした恐怖心を感じてる時です。

鳥やネズミなど、自分より弱いものの前ではピンッと立つしっぽでも、自分より強そうな動物を目の当たりにした時、大きな音に吃驚した時などにシッポをクルンッと折りたたんで、オドオドしてしまいます。

このような時は、耳もキュンと額についています。

猫の恐怖心がとれるまでは、温かく見守っててあげましょう。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。