おいしくカロリーオフ!「ヒルズ サイエンス・ダイエット」のライトキャットフード

肥満猫

猫用のダイエットフードというと、量を多く食べられても味が薄かったり満足感がなかったりといったケースが多め。

しかしサイエンス・ダイエットのライトなら、そんな心配も不要の、おもわず夢中になるおいしいキャットフードに仕上がっています。

安心のヒルズフードでダイエットしよう!

ヒルズのサイエンス・ダイエットといえば、信頼の高いプレミアムペットフードとして日本でも多く好まれている商品

種類も豊富で取り扱っているショップや動物病院も多いので、利用者もたくさんいます。

価格も手ごろで品質も安心感があるので、ダイエットキャットフードにも期待が高まりますね。

サイエンス・ダイエットのライト(肥満傾向の成猫用)はドライフードのチキン味。

カロリーは約16パーセントオフ、脂肪分はなんと48パーセントオフで、独自の「極上うま味成分」が配合されており、夢中になるおいしさを実現しています。

また、まぐろ味もあり、こちらはカロリー21パーセントオフ、脂肪分58パーセントオフとさらに低脂肪、低カロリー!

ウェットフードのポーク&チキン味もあるので、愛猫の好みに合わせて選んでみましょう。

健康的なダイエットで体調も抜群!

人間は無理なダイエットをすると体力的にも精神的にも負担がかかり、どこかでひずみが生じてしまうもの。

猫の場合もいくらダイエットをしたいからといって、人間と同じようなことをさせるわけにはいきません。

そのためにも、フードをしっかりと食べて健康維持しつつ少しずつ減量をしていくことが理想。

ヒルズのライト(肥満傾向の成猫用)なら、抗酸化成分で免疫力を、タウリンで心臓と目の健康を、高品質なタンパク質で骨と筋肉の健康をサポートします。

さらにミネラルバランスの調整で膀胱ケア、下部尿路の健康に配慮しマグネシウム量を調整、製品酸化防止のために自然派成分を配合して着色料は使用しないなど、猫の健康に配慮した特長をしっかりと抑えた商品となっています。

低カロリーなのであげすぎないように!

猫のダイエットで気を付けたいのが、催促されたらその分どんどんとドライフードを与えてしまうケース。

つい甘やかしてしまうといくらダイエットフードでも体重増加につながりますから、しっかりと与えるフード量を計って与えるようにしましょう。

実はウェットフードは水分が多く満足感もあり、ダイエットにも適している商品。

日頃ドライ派の猫ちゃんもちょっとだけウェットフードの機会を増やしながらダイエットしてみるのもいいですね。

「ヒルズ サイエンス・ダイエット 下部尿路の健康 ライト 肥満傾向の成猫用」キャットフードの詳細

ラインナップ’(2種) ドライフード(チキン、まぐろ)
ウェットフード(缶詰)
参考価格 800g 850円(税込)
1.8kg 1,681円(税込)
2.8kg 2,650円(税込)
缶詰85g×24個入り 2,024円(税込)
(ドライフード100gあたりの単価/93円)
対象年齢 肥満傾向の成猫用1~7歳、シニア用もあり
特徴 最大でカロリー21パーセントオフ、脂肪分58パーセントオフ。下部尿路ケアにも対応。ドライは2フレーバー、ウェットもあり。

コメントは受け付けていません。