猫のF.L.U.T.D.の原因や主な症状。ご飯選びや予防法、対処法など

ネコアイコン

このページでは、猫の下部尿路疾患(F.L.U.T.D.)に関する原因や症状、治療法、対処法などをまとめています。

大切な愛猫のため、体調管理や健康維持にお役立ていただければ幸いです。

猫の下部尿路疾患とは、特発性膀胱炎(ぼうこうえん)、尿結石、尿石症、泌尿器疾患、尿道閉塞(へいそく)、泌尿器症候群などの泌尿器系トラブルの総称です。F.L.U.T.D.(Feline Lower Urinary Tract Disease)ともよばれています。

泌尿器は血液中の老廃物などをろ過したり、濃度を調整したり、体外へ排出する働きを持ちます。これらは泌尿器に該当する腎臓、尿管、膀胱、尿道、陰茎(オスのみ)が役割を分担していますが、尿道以下(下部尿路)のいずれかもしくは複数箇所でトラブルが発生することでF.L.U.T.D.の症状がでます。

ネコアイコン猫の下部尿路疾患(F.L.U.T.D.)の原因

下部尿路疾患はストレスや食生活など起因となるものはいくつかわかってきているものの、原因不明で起こるケースも多い病気です。そのため生活環境の見直しやフードの切り替えなど、まずは可能性のあるものを改善していき予防や再発につとめることが大事です。

起因となりうるものについては、記事後半の「猫の下部尿路疾患(F.L.U.T.D.)の治療法」で詳しく解説していますので参考にしてください。

ネコアイコン猫の下部尿路疾患(F.L.U.T.D.)の症状

F.L.U.T.D.の代表的な症状として、頻尿(頻繁にトイレに行く)、粗相(おねしょ、おもらし、トイレからはみ出てしまう、別の場所でしてしまう、トイレに間に合わない)、血尿(ピンク色や濃い尿もあり得る)などが起こります。
ほかにはトイレで痛そうな声を上げる、頻繁にトイレに行っているのに出ない、落ち着きがなくなる、食欲低下、陰部をなめる、元気がなくなる、尿のニオイがおかしい、などがあります。
また結晶や結石が認められた場合は、猫砂やペットシーツの上がキラキラと光ってみえることもあります。

F.L.U.T.D.にはいくつか種類がありますが、そのほとんどがこれら症状に当てはまるため、詳しいことは動物病院で診察を受けなければ判断できません。

ネコアイコン猫の下部尿路疾患(F.L.U.T.D.)の種類

F.L.U.T.D.の約半数以上が特発性膀胱炎と呼ばれるものです。

ほかに全体の2割程を占めるのが「尿石症」で、これには主に尿pHがアルカリ性に傾くことで起こる「ストルバイト結石症」と、尿pHが酸性に傾くことで起こる「シュウ酸カルシウム結石」とがあるにゃ。

 

その他には「尿道栓子」「尿路感染」等が見られるんにゃ。

まさる
まさる
 
猫のF.L.U.T.D.の割合
  • 1. 特発性膀胱炎 55~64%
  • 2. 尿石症 15~23%
  • 3. 尿道栓子 10~21%
  • 4. 尿路感染 1~8%
  • 5. その他 0~3%
(※ヒルズ公式サイトより抜粋

それぞれの病気について、詳しいことは以下順を追って解説いたします。

猫の特発性膀胱炎(FIC)とは?

尿検査でも異常は発見されず、発症の原因がわからない膀胱炎のことを特発性膀胱炎(FIC)といいます。

ストレスによる影響が強いといわれているけど、なかなか治らずに長期にわたって治療が必要になるケースもあり、原因不明なために確実な治療法もないのが現状にゃ。
まさる
まさる
 
オス猫、メス猫いずれも該当し発症年齢は幅広く、若年猫~成猫あたりに多く見られます。また慢性的に肥満傾向にある猫も発症しやすくなっています。

一度直っても再発を繰り返すことも多く、症状を悪化させないための生活習慣の見直しや、予防のためのフードを取り入れるのが一般的です。

猫の尿石症(ストルバイト結石,シュウ酸カルシウム結石)とは?

尿は腎臓でろ過されたのち尿管、膀胱を通り尿道を通って排出されます。その過程で結石ができてしまうことを尿結石(尿路結石、尿路結石症、尿石症)と呼びます。

結石はできる部位により、上部尿路結石(腎結石、尿管結石)と下部尿路結石(膀胱結石、尿道結石)にわけられ、猫の場合は下部尿路トラブルが多くみられます。これら結石は砂粒程度のものから数cm程になるものもあります。

オスのほうが尿道の形状が詰まりやすくなっているため発症しやすく、肥満傾向にあるのネコも重症化しやすくなっています。その他うまれつき結石のできやすい子(猫種、遺伝的なもの)や、去勢・避妊、室内飼育なども尿結石ができやすいといわれています。

近年は療法食で大きな改善がみられることから、食事療法が多くなっています。

「ストルバイト結石」と「シュウ酸カルシウム結石」の違い

猫の下部尿路結石で代表的なものとして、「ストルバイト結石」と「シュウ酸カルシウム結石」があります。

これら結石ができる条件は、猫の尿pH値により決まります。

ストルバイト結石(尿pH値6.5~で結晶化)
年齢 若齢猫~成猫 特徴 マグネシウム(Mg)摂取量に影響する
シュウ酸カルシウム結石(尿pH値~6.4で結晶化)
年齢 高齢猫~老齢猫 特徴 カルシウム(Ca)摂取量に影響する
猫の推奨尿pH値
年齢 仔猫 pH6.3~6.6/ 成猫 pH6.1~6.4(弱酸性) 特徴 カルシウム(Ca)摂取量に影響する

尿pHが低すぎると酸性に偏りすぎてシュウ酸カルシウム結石ができやすくなり、逆に高すぎるとアルカリ性に偏り過ぎて、ストルバイト結石ができやすくなります。

ただし年齢により推奨尿pH値はかわりますので、成長段階に合わせて尿pH値を調整したフードを与えることが大切です。

ちなみに結石溶解は尿pH6.0~6.4あたりのため、結石があると認められた場合はこれらを基準としたキャットフード(療法食)の優先的摂取が推奨されます。療法食にはドライフードやウェットフードがあり、結石ができやすいマグネシウム量やカルシウム量を調整し、尿pH値が一定値となるように設計されています。

ストルバイト結石は投薬や療法食等の摂取により溶解が期待できるため、結石が消えた後は予防のための療法食に切り替えていくことになります。尿結石は一度できると再発する可能性が高いため、食生活などの生活習慣を見直しつつ予防をしていくことになります。
シュウ酸カルシウム結石は投薬や療法食等では溶解が難しく、状況によっては手術による除去が必要になります。愛猫への負担を軽減するためにもできるだけ早期発見をし、症状の悪化を防ぎつつ予防していくことが大切です。

猫の尿道栓子とは?

尿道栓子は尿路閉塞や尿道閉塞とも呼ばれ、文字通り尿を通る部分が結ふさがってしまった状態です。先に紹介した「結石」が詰まることもあれば、細胞や血液などが固まったもの(ペースト状のもの)詰まってしまうこともあります。

まさる
まさる
結石となっていなくとも結晶が多く含まれていることもあり、いずれにしろ尿pH値を安定させるための食事療法等が必要になるにゃ。

猫の尿路感染とは?

尿路感染とは膀胱や尿道に細菌が入ってしまった状態です。おもなものは細菌性膀胱炎ですが、猫の場合は少ないといわれています。治療には抗生物質の投与が行われます。

通常は他の疾患により引き起こされやすく、もし見つかれば免疫力低下につながるそれら疾患の治療も行われます。尿路感染を起こしやすい疾患は、糖尿病や結石、猫エイズウイルス感染症(FIV)、猫白血病ウイルス感染症(FeLV)などです。

ネコアイコン猫の下部尿路疾患(F.L.U.T.D.)の治療法

F.L.U.T.D.はその種類により原因がわかっているものもあればわからないものもあり、これをすれば確実に防げるといった方法はないのが現状です。

そのため原因になると考えられている生活習慣や生活環境をできるだけ排除し、対症療法を行いつつ予防・治療を行っていくことが回復につながります。

F.L.U.T.D.は一度直っても再発が多いため、長期にわたって原因となるものを見直し生活していくようにしましょう。

以下に原因と思われるものをあげましたので、確認してみてください。

肥満 F.L.U.T.D.の多くが肥満が要因といわれています。運動不足や内脂肪につながるので減量を。
食生活 副食(猫おやつ等の与えすぎ)、食事時間がバラバラ、栄養が足りない等。栄養基準を満たしたフードを正しい量で与えましょう。
室内飼育 運動不足による肥満、ストレスの原因になります。完全室内飼いの場合は活動エリアの拡大(家中を歩けるように)、窓から外が見渡せるように、飼い主と遊んでスキンシップなどで対策を。
水分不足 適正な飲水量は結石リスクをおさえます。適度な運動で飲水量を増やし、あまり積極的に水を飲まない子ならドライフードからウェットフードへの切り替え、ドライを水でふやかすなどの対策を。
衛生環境 不衛生なトイレ環境は細菌感染につながるためトイレ掃除はこまめに行いましょう。多頭飼いの場合はトイレの数を増やし、掃除の頻度も多めに行いましょう。
去勢、避妊 ホルモンバランスの乱れから肥満につながります。オスは去勢により尿道が狭まり結石が詰まりやすくなる傾向に。食生活等で調整しましょう。
猫種、遺伝、体質 一部の純血種のネコは比較的尿結石ができやすいといわれています。また個体差などにより生まれつきできやすい子もいます。悪化させないようにその他の原因を取り除き予防を行いましょう。
年齢 若年猫~成猫に多いのがストルバイト結石で、高齢猫~老齢猫に多いのがシュウ酸カルシウム結石です。年齢によって適切なフードを与え、理想の尿pH値を維持しましょう。
マグネシウム摂取量 ストルバイト結石に影響します。成長段階にあった摂取量を。
カルシウム摂取量 シュウ酸カルシウム結石に影響します。成長段階にあった摂取量を。
環境変化 環境音(工事の音など)、多頭飼育(ケンカ、新たな猫を迎え入れたなど、)、住環境の変化(引っ越し、家族構成の変化、模様替え)などは猫の性格も影響しますがストレスの原因になりえます。一匹だけでくつろげる場所、安心できる寝床など、ゆったりと過ごせる環境を用意してあげましょう。
ストレス 原因がわからないといわれる特発性膀胱炎の要因として大きいといわれています。上記の他の原因となるものを参考に生活環境等の見直しを行いましょう。
猫の下部尿路疾患にかかる治療費はいくら?
F.L.U.T.D.の治療費は症状によって大きく異なります。

「投薬と食事療法」であれば1万円~、「入院が必要」となれば日数によりますが1日あたりさらに5,000円前後、「手術が必要」となれば10万円以上になることもあります。

そのためできるだけ早い段階で受診し、愛猫の負担を減らしつつ治療費をおさえることが大切です。状況によってはペット保険で医療費をおさえることもできます。

ネコアイコン猫の下部尿路疾患(F.L.U.T.D.)の予防法

1.定期的な健康診断

F.L.U.T.D.は若い猫でも発症しやすいため、先天性疾患等を確認するためにもかかりつけの動物病院を決めて、早い段階で血液検査・健康診断(人間でいうところの人間ドック)尿検査を受けておきましょう。

2.自宅での簡易尿検査

F.L.U.T.D.において「尿pH値」は大事です。動物病院での尿検査でも判断できますがその都度病院へ行くには負担が大きいため、自宅でpH試験紙を使いチェックしてみましょう。

pH試験紙はインターネット通販等で簡単に購入でき、尿がアルカリ性に傾いているかもしくは酸性に傾いているかを家庭で簡単にチェックできます。一度F.L.U.T.D.を経験している場合は、予防もかねて日常的に使ってみるのもオススメです。

3.ワクチンの接種

猫ではまれですが、免疫力が下がると下部尿路の細菌感染の恐れがあります。ワクチンは感染症を防ぐためのもので、室内飼いであれば通常3種混合ワクチンが、成猫で1年に一度程度の摂取が推奨されます。

詳しくは別ページにある、猫ワクチンの記事で紹介しています。

4.適正なフードの給与

F.L.U.T.D.は年齢に合わせた尿pH値を維持するためにも、年齢別の健康志向総合栄養食が推奨されます。近年多い「プレミアムフード」といわれるものは下部尿路疾患に配慮したものが多いので、購入の際はそれらの記載を確認しつつ選ぶようにしましょう。

これらは療法食ではないものの、それに近い栄養素を含むことから「準療法食」などとも呼ばれているにゃ。

当サイトでもF.L.U.T.D.向け準療法食のまとめページ(執筆中)を用意していますので、ぜひ合わせてごご覧くださいにゃー♪

まさる
まさる

5.サプリメントの利用

犬・猫、小動物向けのサプリメント(健康補助食品)も最近は多く出回っており、ウラジロンなど下部尿路疾患予防にあったものも販売されています。

獣医師専用のものもありますが、一部はインターネットでも購入できます。使用の際は動物病院で相談しつつ、獣医師オススメのものがあれば利用してみるのもいいでしょう。

6.ペット保険への加入

療法食を動物病院で購入する場合、ペット保険の種類によっては一般的な価格よりも安く購入することができます。

保険自体は病気の予防にはならないものの早い段階で加入しておくことで、治療費や長期にわたる療養費の負担軽減につながります。

複数の保険会社がありますので、猫用ペット保険比較まとめページ(※執筆中)を参考に加入を検討してみてください。

猫の下部尿路疾患でおやつをあたえてもいい?
下部尿路疾患の場合、治療や予防に適したフード以外のものを与えるのはよくないとされています。そのため基本的におやつはNGになります。実際に人間の食事等、猫に適さない食べ物を長期間摂取することで下部尿路疾患を患うケースもあるので注意が必要です。

もし与えたい場合は、F.L.U.T.D.の治療・予防用フードを少量、食事時間とずらして与えたり(間食のように)、ウェットとドライを上手に切り替えて食事を豪華にしてみたりして工夫しましょう。

また、いなばの「ちゅーる下部尿路配慮とりささみ」など、下部尿路疾患に配慮したおやつも売られていますので上手にとり入れてみてください。

ネコアイコン猫の下部尿路疾患(F.L.U.T.D.)の回復期と予後

F.L.U.T.D.と診断された場合、状態にあわせ投薬や注射、療法食による結石の溶解や手術による除去等の治療が行われます。

結石が詰まってしまった場合、早期発見であれば回復も早いですが重篤な状態まで放っておくと命にかかわりますので、異変に気づいたら早い段階で動物病院の診察を受けましょう。重篤な状態であれば入院となりますが、安定することで退院、定期的な通院や検査となってきます。
特発性膀胱炎の場合は、原因不明ということもあり、一度症状が落ち着いても再発しやすく長期にわたって自宅療養が必要となります。治療後は自宅でストレスをできるだけ軽減した環境を用意してあげましょう。
まさる
まさる
ちなみにF.L.U.T.D.用フードは状態により摂取すべきフードが変わってくるため、再発を予防するためにも症状に合わせて変更しながら長期的に与えるのが一般的なんだにゃ。

自己判断で切り替えず、必ず獣医師の指示に従って与えるようにしてくれにゃ。

ネコアイコン猫の下部尿路疾患(F.L.U.T.D.)まとめ

  • 下部尿路疾患(F.L.U.T.D.)とは、特発性膀胱炎、尿結石、尿道閉塞などの総称。
  • F.L.U.T.D.の約半数が特発性膀胱炎で、次にストルバイト結石とシュウ酸カルシウム結石がある。
  • 病気の原因は不明なものも多いが、ストレス、食生活などが起因とされる。
  • 治療や予防には生活環境の改善等のほか、療法食や投薬、手術が行われる。
  • 再発しやすいため、長期的な対症療法が必要となる。
  • 治療費は症状が悪化するほど高額に。早めの受診を。
  • おやつは基本NG。与えすぎで症状悪化になる可能性も。与えたい場合は下部尿路に配慮したものを選ぶ。
  • 長期にわたる通院・食事療法が必要になる。費用負担を減らすペット保険への加入も検討したい。

コメントは受け付けていません。